PR

ギフトカード換金率相場一覧ー高換金率を狙えるギフト券を紹介

この記事を書いた人

当メディア編集長。現金化に関する情報を発信しています。
この記事では、ギフトカードの換金率相場をまとめました。
高換金率を狙えるギフトカードの紹介も併せてご確認ください。

この記事の目次

ECサイト等のギフトカードの換金率相場

まずこの章では、AppleやAmazonなどの、ネット上でショッピングができるECサイトのギフトカードの換金率相場を紹介します。なお、換金率は2023年12月時点のもので、時期によって多少相場が変わることもあるのでご注意ください。

Appleギフトカード

Appleギフトカードは、AppleストアやiTunesなど、Apple関連のサイトや店舗で利用できるプリペイドカードです。実店舗で利用可能なのはAppleストアのみですが、ネット上のApple関連のサイトで利用できるので人気の高いカードとなっています。

かつては、アプリ購入などに使える「App Store & iTunes ギフトカード」と、Appleストアで使える「Apple Store ギフトカード」がありましたが、Appleギフトカードはこの2つが統合されたものです。有効期限もないので使いやすいカードだといえます。

主な買取サイトでのAppleギフトカードの換金率は下の表のとおりです。初回利用が90%前後、2回目以降は85%程度に設定しているサイトが多く、全体的に換金率相場は高めだといえます。

【主な買取サイトのAppleギフトカード換金率】

買取サイト 換金率
買取ボブ 初回92%、2回目以降 88.5%
買取大和 初回92%、2回目以降88.5%
買取将軍 初回89%、2回目以降84%

Amazonギフトカード

Amazonギフトカードは、大手ECサイトのAmazonで利用できるプリペイドカードです。かつては有効期限が短いのが欠点でしたが、2018年以降は有効期限が10年に延びて使いやすくなっています。

通常のカードタイプやメールタイプ以外に、きれいに包装されたボックスタイプやグリーティングカードタイプなどがあるので、プレゼントで送りやすいのも人気の理由です。

主な買取サイトのAmazonギフトカードの換金率は、80%程度が相場となっています。

【主な買取サイトのAmazonギフトカード換金率】

買取サイト 換金率
買取ボブ 80%
買取大和 80%
買取将軍 79%

GooglePlayギフトカード

GooglePlayギフトカードは、Google Playストアで利用できるプリペイドカードです。金額を自由に決められるバリアブルカードがあり、有効期限もないため使いやすいカードだといえます。

主な買取サイトを見ると、GooglePlayギフトカードの換金率は大体80%台に設定しているサイトが多いです。

【主な買取サイトのGooglePlayギフトカード換金率】

買取サイト 買取率
買取ボブ 初回83%、2回目以降81%
買取大和 初回83%、2回目以降81%
買取将軍 初回83%、2回目以降81%

楽天ギフトカード

楽天ギフトカードは、楽天市場などで使えるプリペイドカードです。ネットショッピングだけでなく、楽天の加盟店のコンビニやドラッグストアなど、実店舗でも使えるところがたくさんあります。

3,000円、5,000円、1万円の金額指定タイプ以外に、自由に金額を設定できるタイプがあり、使い勝手がいいのも利点です。

主な買取サイトの楽天ギフトカードの換金率は90%前後となっています。

【主な買取サイトの楽天ギフトカード換金率】

買取サイト 換金率
買取ボブ 91%
買取大和 89%
買取将軍 91%

LINEギフトカード

LINEギフトカードは、LINE STOREで使えるプリペイドカードです。LINEクレジットにチャージしてスタンプなどを購入できますが、LINEコインに交換できないことや、期限が一年しかないなど不便な面もあります。

主な買取サイトのLINEギフトカードの換金率は60%で、他のギフトカードよりかなり低くなっています。

【主な買取サイトのLINEギフトカード換金率】

買取サイト 換金率
買取ボブ 60%
買取大和 60%
買取将軍 60%

カード会社のギフトカードの換金率相場

この章では、JCBやVISAなどカード会社のギフトカードの換金率相場を紹介します。こちらも2023年12月時点での換金率となっています。

JCBギフトカード

JCBギフトカードは、百貨店・スーパー・レストランなど、全国100万店以上で使えるギフトカードです。利用できる店舗が多く有効期限もないため、御中元・御歳暮などの贈り物としてよく使われています。

JCBギフトカードの買取率相場は、大手買取業者で94%~98%程度と非常に高くなっています。

【主な買取業者のJCBギフトカード換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 97.9%
甲南チケット 97.5%
チケッティ 94%~96%

VJA/VISAギフトカード

VJAギフトカード・VISAギフトカードは、全国50万店以上の加盟店で使える商品券・ギフトカードです。VJAギフトカードは商品券タイプ、VISAギフトカードはプリペイドカードタイプで、VISAギフトカードはネットショッピングにも使えます。

主な買取業者のVJA/VISAギフトカード換金率は97%~98%程度です。ただし、古いカードは買取率が下がることもあります。

【主な買取業者のVJA/VISAギフトカード換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 97.8%~97.9%
甲南チケット 97.8%
J market

97.5%~98%

旧デザイン  91%~95%

カードタイプ 88%

UCギフトカード

UCギフトカードは、ショップや飲食店など全国の加盟店で利用できる商品券です。ネットショッピングには使えませんが、加盟店が多く有効期限もないので使いやすいギフトカードだといえます。

主な買取業者のUCギフトカード換金率は95%~97%程度です。ただし、旧デザインは買取率が下がることもあります。

【主な買取業者のUCギフトカード換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 97.0%~97.7%
J market 95%~97%、旧デザイン91%~95%
チケッティ 96%、旧デザイン95%

三菱UFJニコスギフトカード

三菱UFJニコスギフトカードは、全国のスーパーやデパートなどで利用できる商品券です。2024年3月で販売終了となり、JCBギフトカードに移行する予定となっています。

主な買取業者の三菱UFJニコスギフトカードの換金率は、92%~97%程度です。ただし、旧デザインや額面の低いものは換金率が下がることがあります。

【主な買取業者の三菱UFJニコスギフトカード換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 97.0%~97.7%
J market 92%~97%、旧デザイン90%~95%
チケットレンジャー 95%~97.7%

JTBギフトカード

JTBギフトカード(ナイスギフト)は、全国100万店以上の加盟店で利用できる商品券です。旅行に使える「ナイストリップ」も人気です。

主な買取業者のJTBギフトカードの換金率は、ナイスギフトカードだと95%~98%程度です。ただし、旅行券は多少換金率が変わることもあります。例えばチケッティだと、旅行券の換金率は85%~90%程度と少し低くなっています。

【主な買取業者のJTBギフトカード換金率】

買取業者 換金率
J market 97.5%、旧デザイン95%
甲南チケット 97.5%~97.8%
チケッティ 96%

ショップ等のギフトカードの換金率相場

ここでは、全国チェーンのショップや飲食店などで使えるギフトカードの換金率相場を紹介します。こちらも前章までと同様、2023年12月時点での換金率となっています。

高島屋ギフトカード

高島屋ギフトカードは、全国の高島屋で使えるギフトカードです。商品券タイプの「高島屋商品券」と、カードタイプの「タカシマヤギフトカード」があります。

主な買取業者の高島屋ギフトカードの換金率は、タカシマヤギフトカードが80%~92%程度、高島屋商品券が90%~98.5%程度となっています。

【主な買取業者の高島屋ギフトカード換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 96.5%~98.5%
J market

タカシマヤギフトカード 80%~92%

高島屋商品券 90%~97%

チケッティ

タカシマヤギフトカード 90%

高島屋商品券 96%

ユニクロギフトカード

ユニクロギフトカードは、全国のユニクロで利用できるギフトカードです。プリペイドカードタイプと、メールタイプの「eGift Card」があります。

ユニクロギフトカードの換金率は90%程度の業者が多いです。ただし、アクセスチケットでは70%と、業者によってかなり違いもあります。また、ユニクロギフトカードは有効期限が3年なので、期限切れになる前に売るようにしましょう。

【主な買取業者のユニクロギフトカード換金率】

買取業者 換金率
J market 90%
チケットキング 90%
チケットレンジャー 90%

スターバックスカード

スターバックスカードは、全国のスターバックスで使えるカードです。プリペイドカードタイプとデジタルタイプに加えて、LINE上で発行や決済ができる「LINEスターバックスカード」もあります。

主な買取業者のスターバックスカードの換金率は80%~85%程度で、やや低めの相場になっています。また、スターバックスカードは買取不可の業者もかなり多いのが注意点です。例えば、アクセスチケットやチケッティでは買取不可となっています。

【主な買取業者のスターバックスカード換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 85%
J market 80%~85%
チケットレンジャー 80%~85%

ビックカメラギフトカード

ビックカメラギフトカードは、全国のビックカメラ、コジマ、ソフマップで利用できるプリペイドカードです。ただし、オンラインショップは「ビックカメラ.com」のみ利用可能で、「コジマネット」と「ソフマップドットコム」は利用できません。

主な買取業者のビックカメラギフトカードの換金率は、85%~92%程度となっています。

【主な買取業者のビックカメラギフトカード換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 90%
J market 92%
チケッティ 85%

トイザらスギフトカード

トイザらスギフトカードは、全国の「トイザらス」と「ベビーザらス」で使えるプリペイドカードです。

主な買取業者のトイザらスギフトカードの換金率は、80%~89%程度となっています。

【主な買取業者のトイザらスギフトカード換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 89%
J market 80%
チケットキング 80%

東京ディズニーリゾートギフトカード

東京ディズニーリゾートギフトカードは、東京ディズニーランド、ディズニーシーおよびディズニーホテルで利用できるプリペイドカードです。

主な買取業者の東京ディズニーリゾートギフトカードの換金率は、91%~97.7%程度となっています。

【主な買取業者の東京ディズニーリゾートギフトカード換金率】

買取業者 換金率
J market 96.6%~97.7%
チケットレンジャー 97.7%
甲南チケット 91%

クオカード

クオカードは、書店やコンビニなど約6万店で利用できるプリペイドカードです。

主な買取業者のクオカードの換金率は、おおむね80%~95%程度です。ただし、アニメやアイドルなどの限定デザインは相場が高くなります。

【主な買取業者のクオカード換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット

限定デザイン(アニメ・アイドルなど):98%~100%

ギフト柄・広告柄:92%~95%

それ以外:50%

J market

80%~95%

100円券:50%

チケットキング 90%~94%

旅行会社のギフトカードの換金率相場

続いてこの章では、旅行会社が販売しているギフトカードの換金率相場を紹介します。

日本旅行ギフトカード

日本旅行ギフトカードは、日本旅行が取り扱う旅行などに使えるプリペイドカードです。

主な買取業者の日本旅行ギフトカードの換金率は、おおむね90%前後となっています。

【主な買取業者の日本旅行ギフトカード換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 90%
チケッティ 86%前後
チケットキング 90%

近畿日本ツーリスト(KNT)旅行券

近畿日本ツーリスト(KNT)旅行券は、近畿日本ツーリストのツアーなどに利用できる旅行券です。2023年12月18日より、リニューアルして「フリーセレクション」という名称に変更しています。

主な買取業者の近畿日本ツーリスト(KNT)旅行券の換金率は、90%~92.5%程度となっています。なお、東芝グループの退職者用の近畿日本ツーリスト(KNT)旅行券は、換金率が大きく下がったり(60%~70%程度)、買取不可のことがあるので注意してください。

【主な買取業者の近畿日本ツーリスト(KNT)旅行券換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 92%
チケッティ 90%
J market 92.5%

HIS旅行券

HIS旅行券は、全国のHIS営業所や特約代理店などで利用できる旅行券です。

主な買取業者のHIS旅行券の換金率は、90%~92%程度となっています。

【主な買取業者のHIS旅行券換金率】

買取業者 換金率
アクセスチケット 91%
チケッティ 90%
J market 92%

ゲーム関連のギフトカードの換金率相場

この章では、ゲーム関連のギフトカードの換金率相場を紹介します。

プレイステーションストアカード

プレイステーションストアカードは、プレイステーションストアでゲームなどの購入に使えるプリペイドカードです。

主な買取サイトのプレイステーションストアカードの換金率は83%となっています。

【主な買取サイトのプレイステーションストアカード換金率】

買取サイト 換金率
買取ボブ 83%
買取大和 83%
買取将軍 83%

ニンテンドープリペイドカード

ニンテンドープリペイドカードは、ニンテンドーのゲーム機の購入やソフトのダウンロードなどに利用できるプリペイドカードです。

ただし、ニンテンドープリペイドカードは、ニンテンドーのスマホアプリやソシャゲには使うことができません。スマホアプリやソシャゲには、スマホのOSに対応したAppleギフトカードやGoogle Playカードを使うことになります。

主な買取サイトのニンテンドープリペイドカード換金率は89%です。

【主な買取サイトのニンテンドープリペイドカード換金率】

買取サイト 換金率
買取ボブ 89%
買取大和 89%
買取将軍 89%

ギフトカードの換金方法

ギフトカードを換金する主な方法は、専門の買取サイトか、チケットショップなどの買取店舗です。他にも、オークションサイトやフリマアプリで換金できることもあります。ここでは、ギフトカードの主な換金方法について解説します。

買取サイト

基本的に実店舗は持たず、ネット上で売買が完結するのが売買サイトです。申し込みフォームからギフト券番号などを入力し、審査を受けることで現金化できます。「買取ボブ」「買取大和」「買取将軍」などが代表的な買取サイトです。

買取サイトは店舗に行く必要がなく、スマホやパソコンがあればどこでも現金化できます。24時間対応のサイトも多いので、深夜や早朝でも申し込みできるのもメリットです。また、実店舗ではほとんど買取してもらえない、電子ギフト券の現金化ができるのも強みだといえます。

一方、買取サイトは非常に数が多く、中には悪質業者もいるといわれているので注意しましょう。例えば、ギフト券番号だけ盗まれて現金が振り込まれない、異常に低い買取率で買い取られるなどがよくあるケースです。

悪質な買取サイトを見極めるには、会社概要に住所や電話番号などがきちんと記載されているか、古物営業許可番号が記載されているかなどを確認するのが有効です。

また、身分証の提示を求めてこないサイトは一見便利に見えますが、1万円以上の買取で身分証不要の場合は、古物営業法に違反している恐れがあるので注意しましょう。

買取店舗

金券ショップ・チケットショップなどの実店舗でもギフトカードを現金化できます。「大黒屋」「アクセスチケット」などが代表的な買取店舗です。

買取店舗は店舗まで出向いて換金することもできますが、郵送での買取に対応している店舗もあります。郵送買取は現金化までやや時間がかかるのがデメリットですが、近くに実店舗がない場合でも利用できるので便利です。

買取店舗は、電子ギフト券の買取に対応していないことが多い、営業時間が決まっているなどのデメリットがあります。一方、対面で取引できる安心感がある、買取サイトではあまり取り扱っていないギフトカード(クレジットカード会社のギフトカードなど)も現金化できるのは強みです。

オークション・フリマアプリ

オークションサイトやフリマアプリの中には、ギフトカードを出品してもよいところがあります。

例えば、「Yahoo!オークション」や、電子ギフト券に特化したサイト「amaten」などではギフトカードを出品可能です。一方、大手フリマアプリの「メルカリ」は、金券類の出品は禁止しています。

オークションやフリマアプリは、高く買い取ってくれる落札者が見つかれば、買取サイトや買取店舗より高く現金化できる可能性があるのがメリットです。

一方、落札者が現れないと現金化できないので、即日現金が欲しい場合などには向いていません。また、出品のための画像を撮影したり、落札者への郵送や梱包など、手間がかかるのもデメリットです。

ギフトカードの買取店舗が少ない理由

大黒屋などの金券・チケットショップでは、カード会社や旅行会社などのギフトカードは買取している一方、AmazonギフトカードやAppleギフトカードといったECサイト等のギフトカードは買取していないことがほとんどです。

これは、Amazonギフトカードのようなギフト券番号を入力するタイプは、未使用品かどうかを目視では確認できないのが主な理由です。ギフト券番号が別のアカウントですでに入力されているカードを売却されるリスクを避けるため、買取不可としている店舗が多くなっています。

他にも、全国で使える商品券などに比べて、特定のサイトでしか利用できないギフトカードは需要が低いことや、特殊詐欺などに利用されるリスクがあることなども、買取店舗が少ない理由となっています。

Amazonギフトカード×買取サイトで高換金率を実現しよう!

Amazonギフトカードなどの大手サイトで使えるギフトカードは、買取サイトでいつでも好きな時に現金化できるうえ、買取率も高いため非常におすすめです。Amazonギフトカード×買取サイトの組み合わせで、高換金率での現金化を実現しましょう。

Amazonギフトカードを高換金率で現金化できるおすすめサイトを紹介

Amazonギフトカードの買取サイトは非常にたくさんあるので、安全に利用できる高換金率のサイトを選ぶことが大切です。ここでは、高換金率で知られる大手買取サイト「買取ボブ」「買取大和」「買取将軍」を紹介します。

買取ボブ

買取ボブは、いくつもの優良買取サイトを運営している「お魚通販.com」の買取サイトです。高い換金率と30分程度の素早い振込スピード、24時間対応など質の高いサービスで人気があります。LINEお友達登録で買取率が1%アップするのでぜひ登録しましょう。

【買取ボブの主な換金率】

ギフトカードのブランド 換金率
Appleギフトカード 初回92%、2回目以降88.5%
Amazonギフトカード 79%
GooglePlayギフトカード 初回83%、2回目以降81%

買取大和

買取大和は、有名買取サイト「ソクフリ」の姉妹サイトとして知られる優良買取サイトです。24時間年中無休営業、ギフトコード確認後最短5分の振込スピードなど、便利なサービス内容で人気急上昇中です。

【買取大和の主な換金率】

ギフトカードのブランド 換金率
Appleギフトカード 初回92%、2回目以降88.5%
Amazonギフトカード 79%
GooglePlayギフトカード 初回83%、2回目以降81%

買取将軍

買取将軍は買取ボブのグループサイトで、こちらも高い換金率と便利なサービスで人気です。買取率は基本的に買取ボブと似ていますが、少し違う銘柄もあるので両方チェックして高いほうを利用するとよいでしょう。

【買取将軍の主な換金率】

ギフトカードのブランド 換金率
Appleギフトカード 初回89%、2回目以降84%
Amazonギフトカード 79%
GooglePlayギフトカード 初回83%、2回目以降81%

ギフトカードを換金・現金化する際の注意点

ギフトカードを換金・現金化する際は、状態の悪いカードや有効期限のあるカードは換金できないことがある点に注意しましょう。また、カードによっては利用規約に抵触する可能性もあります。

状態の悪いギフトカードは換金・現金化できないことがある

買取店舗や買取サイトがHPなどで記載している換金率は、あくまで状態のいいギフトカードの場合です。状態が悪いと換金率が下がったり、買取を断られることもあるので注意しましょう。

例えば、破れたり折り目がついているギフトカードは買取を断られることがあります。特に、商品券のミシン目が切れているものは、たとえ未使用でも換金できません。

また、デザインなどがリニューアルされたギフトカードの場合、古いバージョンは換金率が下がったり買取を断られることがあります。カードによっては、発行元に問い合わせれば新しいバージョンと交換してくれることもあるので、古いギフトカードを持っている場合は発行元の会社に問い合わせてみましょう。

有効期限のあるギフトカードは換金・現金化できないことがある

ギフトカードの中には有効期限のあるものがあり、期限が切れているカードは換金できません。それだけでなく、買取サイトや店舗によっては、有効期限のあるカードはたとえ期限内でも買取しないこともあるので注意しましょう。

利用規約に抵触する場合がある

ギフトカードの換金は法律的には問題ありませんが、カードを発行している会社が個別に定めている利用規約に違反する可能性があります。特に、最初から換金する目的でギフトカードを購入する行為は、利用規約に抵触することがほとんどです。

利用規約に抵触する場合でもほとんどバレないといわれていますが、もしバレるとアカウント停止などの処分を受ける可能性もあります。

手数料が発生してしまう場合もある

ギフトカードを換金すると、振込手数料などの手数料がかかることもあります。手数料がかかる場合、実際手に入るお金は手数料を引いた額になるので注意しましょう。振込手数料は数百円程度ですが、少額の換金のだと手取り額が大きく下がってしまうこともあります。

振込手数料は買取サイトによって、無料のところと自己負担のところがあります。また、振込先の金融機関によって、無料か自己負担か変わるサイトもあります。

店舗の郵送買取を利用する場合は、郵送手数料がかかる点にも注意しましょう。

ギフトカードを高換金率で換金・現金化するコツ

同じギフトカードを換金するにしても、うまく換金できるかどうかで手に入る金額が変わってくることもあります。以下のようなコツを押さえて、より高く換金できるようにしましょう。

【ギフトカードを高換金率で換金・現金化するコツ4選】

  1. 複数の買取サイトを比較検討する
  2. 換金率が高い時期を狙う
  3. 複数枚ある場合はまとめ売りする
  4. きれいな状態で保管する

複数の買取サイトを比較検討する

ギフトカードの換金率は、買取サイトや買取店舗によってさまざまです。ですから、いくつかのサイトや店舗を比較して、一番換金率が高いところを選ぶようにしましょう。また、手数料がかかるサイト・店舗の場合は、手数料を引いた後の手取り額で比較することが大切です。

ただし、どうしても当日中に現金化したいといった場合では、換金率は多少目をつぶって振込スピードを重視するといった考え方も必要になってきます。

換金率が高い時期を狙う

ギフトカードの換金率は常に変動しますが、変動の仕方にはある程度のルールがあるので、換金率が高い時期を狙うとお得になることがあります。

例えば、お中元やお歳暮の時期は、贈り物用にギフトカードを購入する人が増えるため、需要が増えて換金率が高まる傾向があります。また、ゴールデンウィークや年末年始など旅行シーズンの前は、旅行会社のギフト券の需要が高くなります。

逆に、給料日前(25日、月末など)やクレジットカード決済日直後は、金策のためにギフトカードを売る人が増えて換金率が下がる傾向があります。一般には、給料日前後を避けて月の半ばくらいに売ったほうが、換金率が高くなりやすいといわれています。

複数枚ある場合はまとめ売りする

一般にギフトカードの換金は、金額が大きいほど換金率が高くなる傾向があります。例えば、1,000円のギフトカードと1万円のギフトカードでは、1万円のほうが数パーセントくらい換金率が高いことがあります。

よって、もし安い額面のギフトカードしかなくても、同じカードが複数枚ある場合は、まとめ売りすると換金率が高くなることがあります。まとめ売りした場合の換金率はHPなどに明記されていないこともあるので、サイトや店舗に直接問い合わせてみるとよいでしょう。

きれいな状態で保管する

ギフトカードの換金率は、カードの保存状態などによって変化することがあります。ギフトカードを入手した際は、将来換金するかもしれないことを想定して、できるだけきれいな状態で保管しておいたほうがよいでしょう。

クレジットカード現金化ならギフトカードがなくても即日現金化できる

ギフトカードの換金は手早く現金を入手するおすすめの方法の一つですが、ギフトカードを持っていないと換金できないのがデメリットです。一方、クレジットカード現金化ならギフトカードがなくても即日現金化できます。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠で商品を買い、それを売却して現金を得る方法です。キャッシング枠を使い切っている場合でも、ショッピング枠を使えば現金を得ることができます。

オークションやフリマアプリを利用して自分で現金化することも可能ですが、クレジットカード現金化の専門業者を利用する方法もあります。専門業者では、業者が商品の売却などを代行してくれるので便利です。

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社の利用規約で禁止されていることが多いので、バレた場合は利用停止などの処分を受ける可能性があります。また、専門業者には悪質な業者も多いといわれているので、利用する際は注意しましょう。

Q&A

ここでは、ギフトカードの換金・現金化に関するよくある疑問をQ&A形式で解説します。

ギフトカードを購入して売却するより効率よく現金化できる方法はありますか?

クレジットカード現金化はギフトカードを購入しなくてもよいので、効率良く現金化できます。特に、優良な専門業者を利用すれば安全に早く現金化できます。

ギフトカードを換金するなら「買取ボブなどの買取サイト」と「大黒屋などの買取店舗」どっちがいいのでしょうか?

買取サイトと買取店舗では取り扱っているギフトカードの種類が違うので、換金したいギフトカードに合ったほうを選ぶ必要があります。

一般に、買取サイトはAmazonギフトカードなどのECサイト系、およびニンテンドープリペイドカードなどのゲーム系を取り扱っていることが多いです。一方、買取店舗はJCBギフトカードなどのカード会社系、および日本旅行ギフトカードなどの旅行会社系などを主に取り扱っています。

ギフトカードを換金できる買取サイトは手数料が取られるって本当ですか?

大手の優良な買取サイトは、手数料無料のことがほとんどです。ただし、サイトによっては数百円程度の振込手数料がかかることもあります。

ギフトカードを換金できる買取サイトを利用する際は身分証が必要ですか?

古物営業法という法律により、古物を売る時は原則として買手に身分証を交付しなければならないと定められています。ギフトカードの換金も古物の売買の一種なので、古物営業法に従って身分証を交付しなければなりません。

ただし、古物営業法によると、1万円未満の売買では身分証の交付をしなくてよい場合があるとされています。しかし、実際は大手の買取サイトでは、1万円未満でも身分証の交付を求められることがほとんどです。

ギフトカードの現金化は違法ではないですか?

ギフトカードの現金化は違法ではないので、利用しても逮捕されるといったようなことはありません。しかし、ギフトカードの利用規約に換金禁止のルールがある場合は、バレるとアカウント停止などの処分を受ける可能性もあります。

ギフトカードの現金化は税金がかかりますか?

ギフトカードの現金化によって得たお金は、原則として税金はかかりません。

ただし、オークションなどで額面より高く売れた場合は、売値との差額が利益になるので税金がかかります。しかし、ギフトカードが額面より高く売れることはほとんどないので、基本的に税金を気にする必要はありません。

また、高額のギフトカードをもらった場合(110万円以上)は、カードをもらったことに対して贈与税がかかります。

まとめ:高換金率のギフトカードで賢く現金化しよう!

ギフトカードの換金率はカードの種類によっても違いますし、買取サイトや店舗によっても違ってきます。さらに、時期による買取率の変動もあるので、賢く現金化することが大切になります。

高換金率で現金化するコツを押さえて、できるだけ高く換金できるようにしましょう!

この記事を共有する
  • URLをコピーしました!
PAGE TOP
この記事の目次