MENU
PR

クレジットカード現金化はコンビニでできる?

クレジットカード現金化はコンビニでもできるけど・・

クレジットカード現金化 コンビニ

手持ちの現金が無い時、コンビニを利用してクレジットカードの現金化がしたい」と、考えている方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、コンビニでのクレジットカード現金化はあまりおすすめできません。

即日・高換金率で現金化したいのであれば専門業者を利用するのが得策です。

こちらではその理由を詳しく説明しながら、初めての方にもおすすめの専門業者をご紹介します。

また、説明を読んでもどうしてもコンビニで現金化したいという方のために裏技も解説させていただきます。

この記事の目次

コンビニでクレジットカード現金化する方法

もしもコンビニで現金化を考えているのなら、コンビニで販売している商品を売却するのが良いでしょう。その際にできるだけ換金性が高い商品を探すのがコツです。具体的な商品について説明しましょう。

コンビニ✕クレジットカードで買える!現金化におすすめの換金性が高い商品

コンビニでクレジットカードを現金化する方法として、高額なギフトカードの購入は無理だとわかりました。しかし、実は他に2つほどコンビニでクレジットカード現金化できる方法がありますのでご紹介します。

コンビニくじの賞品

出典 family.co.jp

大手のコンビニでは500円~1000円弱の金額で、キャラクターなどのグッズが当たるくじ引きを開催しています。コンビニでしか手に入らない代物もあり、ファンにとってはたまらない商品も多々あります。特に人気のオリジナル商品はプレミアがつくこともあるので、うまくいけば購入額以上で売れる可能性もあります。

ただし、くじの賞品は当たるかどうか分からないうえ、高く売れるかも保証されないので現実的な方法ではないかもしれません。たまたまくじが当たった時や、確実に高く売れるグッズを知っている時は使える方法です。

ポケカ

出典 pokemon-card.com

コンビニのレジ付近にポケカが販売されていることがあります。特に新作トレカは1人2パックまでなどと制限されることもあるほどの人気で、コンビニでクレジットカードを使って購入し身近な人に販売することもできます。ただし、枚数制限がある場合はそこまで高額な現金化ができません。もしも、レアカードが出現すると専門業者などで買取をしてもらうことも可能です。
ポケカ以外にもトレカが販売されていることがあるので、選んで購入するのも良いでしょう。

コンビニのギフトカードはクレジットカードで購入できない?

換金性が高い商品と言えばギフトカードですが、コンビニのギフトカードはクレジットカードでは購入できません。しかし、電子マネーでは購入できます。こちらではコンビニで現金化する裏技をご紹介します。

コンビニ 電子マネー チャージ可能なクレジットカード
セブンイレブン nanaco 主にセブンカードプラス
ファミリーマート ファミペイ 主にファミマTカード・JCBブランドカード
ミニストップ WAON 主にAEONクレジットカード
ローソン なし なし

まずは、電子マネーと同じコンビニの会社が発行しているクレジットカードを用意しましょう。
nanacoファミペイWAONなどの電子マネーにチャージし、それでギフトカードを購入するという方法だと現金化できます。
コンビニでも電子マネーでギフトカードを購入できないこともありですが、コンビニによっては一部電子マネーで購入可となっています。

各コンビニで発行している電子マネーにチャージできるのは、同じくそのコンビニが発行しているクレジットカードがほとんどです。どのクレジットカードでもチャージができるわけではないので、注意してください。

セブンイレブン:nanacoでギフトカード購入可

出典 7card.co.jp

セブンイレブンはnanacoのみギフトカードを購入可能で、他の電子マネーやクレジットカードは購入不可となっています。nanacoでギフトカードを購入した場合、ポイントがつかないので注意しましょう。チャージ可能なクレジットカードはセブンカードプラスなどの、セブンカードブランドのもののみです。

nanacoはチャージ可能額が50,000円と上限が設定されていますが、これは現金でチャージする場合に限ります。
クレジットカードでチャージする場合は1日30,000円までが上限となりますので、それ以上をチャージしたい場合は日を分ける必要があるので気をつけてください。また、チャージには所持者により制限が違いますので一律30,000円が上限というわけではありません。

ファミリーマート:ファミマTカードでギフトカードは購入不可

出典 ftcard.pocketcard.co.jp

以下の一覧の様にファミマTカードもギフトカード類を購入できないことになっています。ただし、FamiPayでは購入可能な物もあるのでチャージして購入しましょう。

blank

出典 family.co.jp

チャージ上限額一覧も公式HPに掲載されているので、購入前に確認しましょう。

出典 family.co.jp

FamiPayは他社のJCBブランドのクレジットカードであれば、チャージが可能となっています。しかも公式の説明だと、本人確認済みのJCBブランドのクレジットカードであれば1か月あたりの上限金額は30万円となっています。ファミマTカードだと上限が10万円なので、他社クレジットカードの方がチャージ額が高いといえます。ただし、個人により設定金額が違うので確認が必要です。

ミニストップ:WAONでギフトカード購入可

出典 waon.net

ミニストップで利用できる電子マネーWAONも、クレジットカードからのチャージが利用できます。WAONは1回の上限が50,000円となっています。ただし、一日のチャージ上限回数は設定されていません。イオンクレジットカードでは購入できませんので、チャージの必要があります。

ローソン

ローソンはクレジットカードや電子マネーでギフトカードを購入できません。ローソンでクレジットカード現金化したいなら、他の商品でうまく現金化できるものを探すなど、他の手段を考える必要があります。

コンビニでクレジットカード現金化はおすすめできない理由

コンビニでクレジットカードを現金化するのはおすすめできません。その理由は換金率が悪いことと、即日現金化が難しいからです。もしも先ほど紹介したくじでレアキャラを当てたり、ポケカで換金率の高いカードが出たとしても出品したり、買取をしてもらう手間があります。トータルで考えてもコンビニで現金化するのは、現実的ではありません。

クレジットカード現金化するなら専門業者がおすすめな理由

もしクレジットカードを現金化するなら、専門業者がおすすめです。その理由を説明しましょう。

比較項目 コンビニ 専門業者
換金率 返品の場合100% 80~98%程度
買取価格 平均3,000円以下 クレジットカード限度額
現金化の方法 返品または専門業者へ依頼 専門業者指定商品の購入→売却
安全性 何回も言うと出禁になる可能性あり 違法ではないので安心

表を見るといっけんコンビニで現金化すると換金率100%ととびつきそうになりますが、コンビニでは以下の様な問題があります。

・コンビニの商品は単価が安い
・ギフトカードなどの金券類は基本的にクレジットカードでは購入できない
・クレジットカードで購入した商品の返品は、クレジットカードへ返金

コンビニでクレジットカード利用して購入した商品を売却しても、もともとの単価が低いため高額な現金を得られません。また、クレジットカードで購入した商品をコンビニで返品しても、クレジットカードに戻ってくるだけで現金としてはもらえません。
ギフトカードなども基本的には現金支払いなので、コンビニで現金化をするのは難しいことがわかります。

レビューやアンケートなどで報酬を得る方法も!

現金化とは少し違いますが、コンビニで買った商品のレビューやアンケートなどで報酬を得るという方法もあります。
例えば、アンケートサイトなどで購入した商品のレビューを書けば報酬がもらえますし、動画や記事で商品を紹介してアフィリエイト広告収入を得ることもできます。

ただし、アンケートサイトの報酬はせいぜい数円から数十円程度のことが多いですし、動画や記事は人気が出ないとほとんど収入になりません。しかし、もしコツコツ続けてyoutuberやアフィリエイターとして人気が出れば、かなりの収入になる可能性もあります。

まとめ:コンビニでもクレカ現金化はできるけど…即日高換金率で現金化したいなら専門業者を利用しよう!

コンビニでクレジットカードを現金化するよりも専門業者なら手続きも簡単ですし、換金率も高く効率的に現金化できるので断然おすすめです。

クレジットカードの現金化業者の中には悪質業者もいるので、優良な業者を見極めることが大切です。優良業者は下記記事で紹介していますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

参考記事クレジットカード現金化ランキング【おすすめ大手優良業者を厳選】
関連記事
著者情報
この記事を書いた人

当メディア編集長。現金化に関する情報を発信しています。
この記事では、コンビニでのクレジットカード現金化がおすすめできない理由を解説しました。
高換金率かつお手軽にクレジットカード現金化する方法についても解説していますので、そちらも併せてご確認ください。

この記事を共有する
  • URLをコピーしました!
PAGE TOP
PAGE TOP
この記事の目次