MENU
PR

自分でクレジットカード現金化する方法!業者を使わないやり方の手順と注意点

自分で現金化するベストな方法を教えます

クレジットカード現金化 自分で

業者を使わずに自分で現金化したいけどできるのかな?低リスクかつ高換金率で自分で現金化する方法はないだろうか?と気になりますよね。

ということで今回は「自分でクレジットカード現金化する方法」を解説します。

自分で現金化する方法は安全性の面でおすすめできますが、方法ごとに換金率やスピードが異なりますし、デメリットや注意点もあるので、この記事を参考に最適な方法を探しましょう。

自分でクレジットカード現金化したいけどどの方法がいいのかな?と気になる方はぜひご参考ください。

また、「自分で現金化する方法」と「業者で現金化する方法」はどちらがお得なのか?についても解説していますので、そちらもあわせてご参考ください。

この記事を書いた人

当メディア編集長。現金化に関する情報を発信しています。
この記事では、業者を使わずに自分でクレジットカード現金化する方法について解説させていただきました。

この記事の目次

自分でクレジットカード現金化する前に理解していて欲しい基礎知識

自分でクレジットカード現金化する前に理解していて欲しい基礎知識は下記の通りです。

それぞれ順番に確認していきましょう。

クレジットカード現金化は法律的に法律的に問題なし?

クレジットカード現金化は法律で禁止されているわけではないため違法ではありません。しかし、グレーゾーンの現金調達手段だという認識が必要です。

というのも、ほとんどのクレジットカード会社は現金化目的でショッピング枠を使用することを規約で禁止しています。

クレジットカードのショッピング枠は、商品やサービス利用の代金を支払うために使うものであり、換金に使うことは認められていません。

クレジットカード現金化は換金であるため、禁止行為となりカード会社の規約違反の対象になってしまうのです。

実際に楽天カードのように公式サイトで大々的に禁止と表明しているカードもあります。

クレジットカードを利用した現金化は会員規約で禁止しています
クレジットカードには商品やサービスの支払いを目的とした「ショッピング」の機能と、
お金を借り入れる「キャッシング」の機能があり、それぞれに上限金額が設定されています。
「クレジットカードを利用した現金化」とは、本来商品やサービスを後払いするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を
換金目的で利用される行為であるため、弊社会員規約にて禁止しております。

出典 rakuten-card.co.jp

現金化したことがカード会社に発覚すると、利用停止や強制解約などのペナルティを受ける恐れがあります。

まとめると、クレジットカード現金化は違法でないですがグレーゾーンです。カード会社は禁止しているため、発覚するとペナルティを受けるかもしれないと覚えておきましょう。

参考記事クレジットカード現金化は違法なのか

クレジットカード現金化にはどんな方法がある?

クレジットカード現金化には大きくわけて、

  • 自分で現金化する方法
  • 業者で現金化する方法

上記2つの方法があります。

それぞれメリットとデメリットがありますが、安全性が高いのは自分で現金化する方法です。

それぞれの比較は「「自分で現金化する方法」と「業者で現金化する方法」はどっちがお得?」の段落で行っています。

自分で現金化するときにおすすめの換金性が高い商品は?

換金性が高いギフトカード
商品名 換金率 備考
Appleギフトカード iTunesカードAppleギフトカード 90%前後
(おすすめ◎)
こちらは買取サイトで利用できるギフトカード群。買取サイトは申込後、数十分で振込対応までしてくれるので今すぐ現金が必要なときに便利。ギフトカードで現金化するときは「そのギフトカードは買取サイトで利用できるか?」を意識しよう。
AmazonギフトカードAmazonギフトカード 85%前後
Google Play ギフトカードGooglePlayギフトカード 80%前後
JCBJCBギフトカード 90%前後 こちらは買取サイトで利用できないギフトカード群。買取サイトで利用できないギフトカードは金券ショップなど店舗型業者で現金化する。
VISAVISAギフトカード 90%前後
換金性が高い商品
商品名 換金率
家電 iPhone:~90%
デジカメ:~87%
DVDレコーダー:~80%
ゲーム機 ニンテンドースイッチ:~95%
プレステ5:~94%
Xbox:~96%
時計 ロレックス:86%
オーデマピゲ:80%
パテックフィリップ:76%
自分で現金化するならギフトカードがおすすめ?

ギフトカードはとくに「急ぎで1万円必要!」というような時におすすめです。

ギフトカードはEメールタイプのものであれば、購入→換金という流れが自宅で完結するのが最大のメリットです。

Eメールタイプのギフトカードは購入後すぐにメールで受け取りできます。買取サイトであれば、ギフトコードを送信するだけで換金できる自宅から一歩も出る必要はありません。

AmazonギフトカードやAppleギフトカードなどの人気カードであれば、換金率も安定しているサイトが多いため、損することなく現金化しやすいでしょう。

参考記事換金率の高い商品一覧

自分でクレジットカード現金化する方法3選

①換金性が高いギフトカードを現金化する

ギフトカードを現金化する方法は、「買取サイト」と「金券ショップ」の2つがありますが買取サイトのほうがおすすめです。

買取サイトは簡単な手続きで素早く、安定した換金率の現金化ができるのが魅力です。

現金化に使うギフトカードはAmazonギフト券やアップルギフトカード、Googleギフトカードなどの換金性の高いギフトカードをインターネットから購入します。

おすすめの購入場所はAmazonでしょうか。

Amazonギフト券、アップルギフトカード、Googleギフトカードの3つの換金性の高いギフトカードを取扱いしており、クレジットカード購入ができます。

  • 買取サイト

  • 金券ショップ

評価
換金率相場 80%~90%
用意する商品 ギフトカード
利用する業者 買取サイト
現金化の流れ 1. Amazonからギフトカードを購入
2. ギフトカードの受取
3.買取サイトで売却
安全性
備考 購入するのはEメールタイプにする
ステップ1

Amazonからギフトカードを購入

まずはAmazonからギフトカードを購入します。

ギフトカードには商品券タイプとEメールタイプのものがあります。商品券タイプだと郵送になるため、早く現金化したい人はEメールタイプを選択しましょう。

決済は通常の買い物と同じく、買い物かごに入れて手続きするだけです。そして決済方法にクレジットカードを選択します。

ステップ2

ギフトカードの受取

Eメールタイプの場合、ギフトカードの受取はメールでギフトコードが送付される形になります。ギフトコードは売却時に必要なため控えておきましょう。

なお、ギフトコードをアカウント登録してしまうと現金化できなくなってしまうため注意してください。

ステップ3

買取サイトでギフトカードを売却

あとは買取サイトでギフトカードを売却するだけです。買取サイトの場合、申し込みして業者の指示に従うだけでOKであるため、むずかしい手続きは入りません。

必要なものは、運転免許証やマイナンバーカードのような身分証明書と振込用の口座くらいです。

早ければ申し込みしてから数十分で振込が完了するでしょう。業者にもよりますが24時間365日振込に対応してくれるところもあります。

評価
換金率相場 60%~80%
用意する商品 ギフトカード
利用する業者 金券ショップ
現金化の流れ 1. Amazonからギフトカードを購入
2. ギフトカードの受取
3.金券ショップで売却
安全性
備考 購入するのはギフト券タイプにする
ステップ1

Amazonでギフトカードを購入

Amazonでギフトカードを購入する際は必ず「ギフト券タイプ」のものを購入してください。金券ショップの場合、Eメールタイプのものだと買い取ってくれないお店がほとんどです。

ステップ2

ギフトカードの受取

ギフト券タイプの場合、郵送となるためカードの受取は最短でも購入の翌日です。その日には受取できないと理解しておいてください。

ステップ3

金券ショップでギフトカードを売却

あとは金券ショップにギフトカードを持ちこんで買い取ってもらだけです。金券ショップの場合、必要なものは身分証明書だけでその場で現金に換えてもらえます。

ただし、ギフトカードの買取をしてくれる金券ショップはあまり多くありません。事前にネット等で買取に対応しているか調べてから来店するのがおすすめです。

②換金性が高い商品を現金化する

クレジットカードで換金性の高い商品を購入して、それを質屋やフリマアプリ、オークションサイトなどで買い取ってもらえば自分で現金化ができます。

  • 質屋

  • フリマサイト、オークション

評価
換金率相場 50%~70%
用意する商品 ブランド品や家電、高級腕時計、金券、貴金属など
利用する業者 質屋
現金化の流れ 1.換金性の高い商品を購入
2. 購入した商品を質屋で売却
安全性
備考 質屋に行く際は身分証明書を持参する

質屋だとブランド品や家電、高級腕時計、金券、貴金属などが高く売れます。こうしたものをクレジットカード決済で購入して質屋に売却すればその場で現金化が可能です。やり方の流れは下記のとおりです。

ステップ1

換金性の高い商品を購入する

まずは換金性の高い商品を選んで購入する必要があります。

できるだけ高く売れるものをなるべく安い価格で買うのがお得に換金するコツです。セールや値引きなどをおこなっているお店がないかチェックしてみましょう。

ただし、質屋だと売れるものが決まっているため、きちんと質屋で高く売れる商品を選ぶようにしてください。質屋で高く売れるのは先に言ったブランド品や家電、高級腕時計、金券、貴金属のような商品です。

ステップ2

購入した商品を質屋で換金する

商品購入後は質屋に持ち込みして換金するだけです。質屋の場合、査定結果を待って納得がいったら代金をもらうだけです。必要なものは身分証明書のみとなります。

なお、質屋によっては公式サイトで換金率の目安を公開しているケースがあります。お店に持ち込みする前に換金率の相場を確認しておくのもおすすめです。

評価
換金率相場 60%~90%
用意する商品 換金性の高い商品なら何でもOK
利用する業者 フリマアプリ・オークションサイト
現金化の流れ 1.換金性の高い商品を購入
2. 購入した商品を売却
安全性
備考 フリマアプリではギフト券や金券の類は出品できない

フリマアプリやオークションサイトは、店で売るよりも買取額が高い傾向にあるのがメリットです。また、基本的に何でも出品できるため質屋などで買い取ってくれないものでも現金化しやすいです。やり方の流れは次のようになります。

ステップ1

換金性の高い商品を購入

フリマアプリやオークションサイトの場合、何でも売れるため落札相場を調べて高額で売れそうなら買う商品はどれでも良いです。

なお、メルカリやラクマなどのフリマアプリではAmazonギフト券のようなギフト券や金券の類は出品できません。出品すると規約違反になるため注意しましょう。

また、フリマアプリやオークションサイト共に安定して高く売れるものは決まっています。以下の記事が参考になるためチェックしてみてください。

参考記事換金率の高い商品一覧!クレジットカードで購入できて高く売れるものとは
ステップ2

出品作業~出品

換金性の高い商品を購入したら出品作業をします。

必要な作業は、フリマアプリやオークションサイトともに商品の写真撮影と商品説明です。

写真撮影では商品の全体像と細部がわかるように綺麗に撮りましょう。

商品説明では相手が知りたそうなことを詳しく書きます。たとえば、商品の状態や付属品の有無、購入時期など、自分が買う側になったときの疑問や不安などを解消するような感じで作成すると良いと思います。

あとは出品して落札されるまで待ちましょう。

ステップ3

落札~発送~振込

落札されましたら発送手続きをします。落札者が商品の受取を受理すれば売上が確定します。

そこから振込手続きをすれば2〜3日後に指定口座に振込が完了します。サイトやアプリによっては即時振込もしてくれますが、基本的には2〜3日かかると思っておきましょう。

このようにフリマアプリとオークションサイトは出品してからすぐ売れるとは限りませんし、売れてもすぐに入金されるわけではないため、即日現金化はできないと理解しておいてください。

③返品や外貨両替など裏ワザを実行する

クレジットカード決済で購入した商品を返品すると現金で返金してくれるお店があります。そうしたお店を探して返品手続きすれば、100%の換金率で現金化が可能です。

外貨を取扱いしているサイト等でクレジットカード決済による外貨を購入し、その外貨を日本円に両替すれば実質的な現金化ができます。外貨購入→両替と手続きもすぐ終わり、換金率も90%前後と高めです。

こうした裏技的な手法もあります。ただし、リピードできる方法ではなく、今できるかどうかも分かりません。詳しく知りたい人は下記の記事をご確認ください。

参考記事クレジットカード現金化の裏ワザ【高換金率100%を実現する方法】

自分でクレジットカード現金化するメリット◎

メリットをイメージさせる画像

自分でクレジットカード現金化するメリットは下記の通りです。

順番に見ていきましょう。

①商品次第で高換金率を実現できる

自分でクレジットカード現金化する方法では、当たり前ですが、自分で商品を選ぶ必要があります。

ですので、より高く売れる商品を選ぶことができれば、高換金率で現金化できます。

しかし、高換金率で売却できる商品を選ぶことができないと損をしてしまいますし、ニーズがない商品を選んでしまうと売却ができない(購入者が見つからない)可能性もあります。

②悪質業者の詐欺に遭いにくい

クレジットカード現金化は法律的にグレーだが、金券ショップや質屋を利用した現金化は法律的に問題なし。ギフト券買取サイトを利用した現金化も問題はありません。

ですので、クレジットカード現金化専門業者を利用しない限り、悪質業者の詐欺に遭いにくいと言えます。

大黒屋や買取大吉など、全国展開している大手を利用しすると100%安全な現金化が可能です。

自分でクレジットカード現金するデメリット△

デメリットをイメージさせる画像

自分でクレジットカード現金化するデメリットは下記の通りです。

順番に見ていきましょう。

①手間と時間がかかる

質屋や金券ショップを利用して現金化する場合は、なかなかの手間と時間がかかってしまいます。

  • 換金性が高い商品を調べる(手間と時間がかかる)
  • 商品を購入する(店舗で購入する場合は足を運ぶ手間と時間、ネットで購入する場合は商品が届くまで時間がかかる)
  • 商品を売却する(質屋や金券ショップに足を運ぶ手間と時間がかかる、交通費もかかる、定休日や営業時間も気にしないといけない)

また、フリマアプリやオークションを利用して現金化する場合は、出品した商品が売れ残るといったリスクもあります。

自分で現金化する場合は「何でも自分でやらないといけない」ので、仕方がないことですが、どうしても手間や時間がかかってしまうことは理解しておきましょう。

②即日現金化が難しい

自分で現金化する方法だと、商品を購入して売却するまで時間がかかってしまうので、即日現金化することが難しいです。

商品を購入して売却するまで数日かかる場合がありますので、すぐには現金化できないことを理解しておきましょう。

③換金率が低くなる可能性がある

自分で現金化をする方法では「できるだけ換金性の高い商品を購入」して「なるべく高く買い取ってくれるお店で売却」することで受取金額を最大化します。

簡単に思えますが、商品知識が必要になるので意外と難しく、換金性が低い商品を選んでしまうと損をしてしまいます。

これなら最初からネット型業者を利用すればよかった・・と後悔してしまう人もいるみたいです。

クレジットカード現金化専門業者の換金率相場は利用額が低くても90%前後となっていますので、無理して自分で現金化せずに、こちらを利用するのも一つの手です。

「自分で現金化する方法」と「業者で現金化する方法」はどっちがお得?

「自分で現金化する方法」と「業者で現金化する方法」を比較した結果を下記表にまとめました。

自分で
現金化する方法

自分でクレジットカード現金化する方法

業者で
現金化する方法
ネット型業者を利用して現金化する方法

業者の種類 ・ギフト券買取サイト
・金券ショップ
・質屋
…など
クレジットカード現金化専門業者
時間や手間
高換金率で売れる商品を探して、購入した後に売却する必要があるので、(クレジットカード現金化専門業者を利用する方法より)時間や手間がかかってしまう。

業者の公式サイトにアクセスして、スマホからWeb申込後にスタッフと電話やメールでやり取りを行うだけ&商品は業者が用意してくれるので時間や手間がかからない。即日、最短5~10分で現金化できる。
換金率相場
高換金率の商品を選ぶ必要がある。おすすめはギフトカードで(種類にもよるが)換金率相場は80~90%程度。

申込金額にもよるが換金率相場は低くても90%前後で高いと98%前後になる。自分で現金化するよりは高換金率になる可能性が高い。
安全性
悪質業者の詐欺被害に遭う可能性は低い(クレジットカード現金化業者は法律的にグレー、金券ショップや質屋はもちろん買取サイトも法律的に全く問題なし)が、適切な方法で現金化しないとカード利用停止トラブルが発生してしまう可能性がある。安全に現金化する方法で実行することが大切。

相対的に見て悪質業者が存在する可能性は高いが、優良業者を利用することでリスクを回避できる。カード事故歴ゼロの信頼できる業者もあるので、そういった優良業者を見分けることが重要。

上記表の通り、業者を利用して現金化した方がお得です。

業者を利用すると、時間と手間をかけずに、高換金率で現金化することができます。

ネット型業者を利用した方がいい人

下記のような方は、ネット型業者を利用する方法がおすすめです。

  • 今すぐ現金が欲しい人
  • 手間暇かけずに現金化したい人
  • 高換金率で現金化したい人
  • オンライン完結で現金化したい人
  • 店舗型業者がない地方に住んでいる人

業者を利用する方法がいいかも?と思った方は「クレジットカード現金化業者おすすめランキング」をご参考ください。

自分で現金化した方がいい人

下記のような方は、自分で現金化する方法がおすすめです。

  • 対面で直接説明を受けたい人
  • ネット環境がない人(WiFiが使えない、スマホが壊れてる…)
  • 手間や時間がかかってもいいから、悪徳業者の被害に遭う可能性を1%でも下げたい人

こんな人は、この記事を参考に、自分で現金化してみてください。

自分でクレジットカード現金化する際の注意点

自分でクレジットカード現金化する際の注意点

自分でクレジットカード現金化する際の注意点は下記2つです。

それぞれ順番にご確認ください。

現金化はクレジットカード会社の規約違反ということを理解しておく

クレジットカード現金化は法律に違反しません。

しかし、クレジットカード会社の規約に違反する行為となっていますので、クレジットカードは違法ではないけど健全ではない資金調達方法ということを理解しておきましょう。

参考記事クレジットカード現金化は違法?注意点やリスクを解説

クレジットカード会社に現金化がバレた場合のペナルティを理解しておく

クレジットカード会社に現金化がバレた場合、下記ペナルティが発生します。

  • クレジットカードが利用停止になる
  • クレジットカード会社から一括返済を求められる
  • クレジットヒストリーに傷が付く
  • 自己破産ができなくなる可能性がある

カード会社に現金化がバレないようにするには、できるだけ安全に現金化する方法を理解して、慎重に実行することが大切です。

できるだけ安全に自分でクレジットカード現金化する方法

できるだけ安全にクレジットカード現金化する方法は下記の通りです。

  • 高換金率の商品を連続購入しない
  • キャッシング枠を使い切らない
  • 支払いの延滞や滞納をしない

換金率の高い商品や金券などを頻繁かつ不自然に購入しているなど、怪しい動きがあるとカード会社に警戒されてしまうので注意が必要です。

例)換金性が高い「新幹線回数券」を現金化目的で購入すると・・
本来の用途は乗車することだが、まとめて購入してしまうと、個人消費は無理があるのではないか?これは現金化目的の利用ではないか?と、カード会社に不信がられてしまう。

高換金率の商品を連続購入してしまうと「もしかして現金化か?」と疑われてしまいますのでご注意ください。

参考記事クレジットカード現金化はなぜバレる?バレる原因とバレないで現金化する方法

まとめ:自分でクレジットカード現金化する方法の特徴を理解しようー実行するなら適切な方法で

この記事では、自分でクレジットカード現金化する方法について解説させていただきました。

自分でクレジットカード現金化を行う際は、この記事で書かれていることを参考に、自己責任で実行してください。

クレジットカード現金化専門業者のメリットは高換金率でスピーディーなところ。自分で現金化する方法にはない魅力があります。(買取サイトだとギフトカードを購入する必要があるなど手間がひとつ多くなってしまいます)

手間暇かけず今すぐ現金化欲しい方は、クレジットカード現金化専門業者の利用をご検討ください。下記に当サイトおすすめ優良店を掲載していますので、興味がある方は参考にしてみてくださいね。

参考記事クレジットカード現金化ランキングー大手優良店を厳選
関連記事
おすすめ記事
この記事を共有する
  • URLをコピーしました!
PAGE TOP
PAGE TOP
この記事の目次