MENU
PR

クレジットカード現金化は違法?注意点やリスクを解説

クレジットカードの現金化は違法なのか?

クレジットカード現金化 デメリット リスク

クレジットカード現金化を検討する際に気になるのは「現金化は違法?逮捕されたりする?」といった「違法性」ではないでしょうか。

結論からお伝えしますと、現金化は今のところ違法ではありませんし、利用者が逮捕された事例もありません。

しかし、クレジットカード現金化には「クレカ強制退会の可能性がある」等のリスクもあるので、もし現金化を検討しているなら、マイナス面もしっかり理解しておきましょう。

この記事では、クレジットカード現金化のリスクやデメリットについて詳しく解説します。

現金化の違法性が気になっている人はぜひご参考になさってください。

この記事を書いた人

当メディア編集長。現金化に関する情報を発信しています。
この記事では、クレジットカード現金化の違法性について、デメリットやリスクを解説します。

この記事の目次

クレジットカード現金化とは?

多くのクレジットカードには「キャッシング枠」と「ショッピング枠」という2つの枠が設けられています。

  • キャッシング枠・・・クレジットカードで現金を借りることができる
  • ショッピング枠・・・クレジットカードを買い物時に利用することで現金がなくても商品の購入ができる

現金が必要になった際に利用するのはキャッシング枠なのですが、何らかの理由でキャッシング枠を利用できなくなった場合に「ショッピング枠を使って現金を手に入れる行為をクレジットカード現金化」と呼びます。

参考記事クレジットカード現金化とは?仕組み・方法・やり方・流れを完全解説

クレジットカード現金化は違法なのか?

クレジットカード現金化は違法なのか?

本題の「クレジットカード現金化は違法なのか?」についてですが、結論を言うと、明確な法律違反ではないと言えます。

なぜなら現金化は、

  • クレジットカードで購入したものをいらなくなったら売っただけ
  • クレジットカードで商品を購入した際にキャッシュバックを受けただけ

といったように「普通に買い物をしただけ」という体裁ができているので、意図的な現金化と結果的な現金化の線引きが困難です。

上記の理由から今のところ現金化は明確な法律違反ではないのです。

クレジットカード現金化は明確な法律違反ではない(グレーな状況にある)とお考えください。

現金化は明確な法律違反ではないけれど・・・

先ほどお伝えした通りクレジットカード現金化は明確な法律違反ではありませんが、基本的には推奨されていない行為です。

どういうことなのでしょうか、詳しく解説いたします。

現金化は出資法違反を取り締まる金融庁が認めていない

クレジットカード現金化は違法ではないものの、金融庁が認めていません。

まず出資法で定める上限金利は年20%です。これを超える利息は出資法違反となり罰則の対象となります。

クレジットカード現金化の手数料はというと法外な設定になっていることが少なくなく、返済請求額が膨らんで返済が困難になるといったトラブルに繋がる可能性があります。

そういった経緯から金融庁は「現金化を目的としたカードの利用をやめましょう」と注意喚起を実施ししています。

参考記事金融庁「クレジットカード現金化について」

悪質なクレジットカード現金化業者の逮捕事例がある

今のところ利用者の逮捕事例はありませんが、悪質な現金化業者の逮捕事例ならあります。

上記については「現金化する際の金利が出資法で定める上限金利を上回っていたこと」が摘発の理由であり、現金化の行為そのものは罪に問われていません。

しかし現金化業者の逮捕事例があるという事実はリスクの1つとして受け止めておくべきでしょう。

クレジットカード現金化は利用者側もペナルティを受けるリスクがある

クレジットカード現金化自体に違法性はないですし、今のところ利用者の逮捕事例もありません。

「なら利用者は安全・安心なんだね」と思ってしまいますが、それは少し違います。

必ずというわけではありませんが、現金化の利用者も何らかのペナルティ(カードの会員資格が停止するなど)を受ける可能性があるからです。

どんなペナルティを受ける可能性があるのでしょうか。次段落で詳しく説明いたします。

クレジットカードの会員資格が停止する可能性がある

クレジットカード会社は現金化を目的としたカードの利用を禁止しています。

「クレジットカードショッピング枠の現金化」とは、本来、商品やサービスを後払いするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を換金する目的で利用することです。
 クレジットカード会社はこれらの行為を認めていません。絶対行わないでください。

出典 日本クレジット協会

現金化を目的としたクレジットカードの利用は規約違反になるため、万が一発覚した場合は会員資格の停止・強制退会のペナルティを受ける可能性があるのです。

クレジットカード会社から一括返済を求められる可能性がある

もしも現金化が発覚し、クレジットカードの利用停止・強制退会のペナルティを受けると、カード会社から一括返済を求められる可能性もあります。

この場合「現金化の利用分」だけではなく、「通常の買い物・キャッシングの利用分」も返さなくてはいけなくなります。

利用額が大きければ返済が困難になる可能性があるのもリスクの1つと言えるでしょう。

クレジットヒストリーに傷がつく可能性がある

クレジットカード現金化などで、カード会社から強制退会などのペナルティを受けると信用情報に記録されます。

いわゆる「クレジットヒストリー(クレヒス)」に傷がつくので、下記のような大きな影響があります。

  • 新しいカードが作れない
  • ローンが組めない

たとえば住宅や車などを購入する際に、ローンを組もうとしても組めないといった事態が生じるのです。

金銭的な損が必ず発生する

クレジットカード現金化はどんな方法であれ、現金化の際に手数料などが発生するため必ず金銭的な損が発生します。

たとえば金券を5万円分購入し、金券ショップで売却しても5万円よりも低い金額しか手に入らないなど。

つまりクレジットカードで支払った金額以下の現金しか得られないというわけです。

また、現金化の際に発生する手数料は、カードローンやキャッシングの利息よりも高い場合があるという点もデメリットとして覚えておきましょう。

犯罪や詐欺に巻き込まれる可能性がある

クレジットカード現金化業者の中には悪徳業者も存在します。

悪徳業者のもとで現金化を行った場合、犯罪・詐欺に巻き込まれる可能性がゼロではありません。

実際に「現金が振り込まれない」といったトラブルが起きているので注意が必要でしょう。

個人情報が悪用される可能性がある

悪徳業者のもとで現金化した場合、申込時に登録した個人情報が悪用される可能性があります。

例を挙げると個人情報を利用してリスクの高いサービスを勧めたり、個人情報を別の業者へ横流しされたりなど。

適切に個人情報を扱っている業者ばかりではない、という認識を持っておきましょう。

自己破産ができなくなる可能性がある

クレジットカード現金化は、最後の砦である「自己破産」が出来なくなる可能性があります。

現金化は破産法第252条第1項第2号にある「不当な債務負担行為」 とみなされることがあります。

その場合、裁判所から免責(借金の免除の許可)が認められないので、自己破産ができない可能性があるのです。

参考記事クレジットカード現金化すると自己破産ができなくなる?

クレジットカード現金化のデメリット

・今のところ違法ではないものの、グレーゾーンに近い現金の調達方法である
・カードが持てなくなったり、ローンが組めなくなったりするリスクがある
・悪徳業者のもとで現金化すると詐欺などの被害に遭ったり、トラブルに巻き込まれたりする恐れがある
・現金化する際の手数料などで金銭的な損が生じる
・いざという時に自己破産ができなくなるかもしれない

クレジットカード現金化のメリット

・何らかの理由でカードローンやキャッシングが利用できない時でも、現金化で資金調達ができる
・手軽に現金を用意することができる
・どうしても急いで現金が必要になった場合、現金化ならすぐに用意できる

クレジットカードの現金化は優良業者が安心・低リスク

生きていればお金関係でどうしようもなく困った事態に陥る時もありますよね。

クレジットカード現金化は「どうしても今すぐに現金が欲しい」とか「現金が必要だけど個人的な事情でキャッシングが利用できない」といった場面では便利な資金調達先です。

差し迫ったお金問題はすぐに解消できるでしょう。

しかしクレジットカード現金化はリスク・デメリットもあります。

とくに悪徳業者のもとで現金化を行うと何らかのトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高まります。

もし現金化をするなら、優良業者をなるべく選ぶようにしましょう。

クレジットカード現金化ができる優良業者は下記で紹介していますので、興味がある方は是非ご一読ください。

参考記事クレジットカード現金化ランキング
関連記事
この記事を共有する
  • URLをコピーしました!
PAGE TOP
PAGE TOP
この記事の目次