MENU
PR

クレジットカード現金化の本人確認とはー必要書類を解説

本人確認について
本人確認で必要な書類について解説

クレジットカード現金化 本人確認 必要書類

クレジットカード現金化の本人確認って何?準備する必要がある書類って?と気になりますよね。

本人確認とは

クレジットカード現金化に必要なものは下記の通りです。

  • ショッピング枠に残高のあるクレジットカード
  • 現金を振り込んでもらう為の銀行口座

クレジットカードや銀行口座が申請者本人のものなのか確認するために、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの身分証を提出しないといけません。これを本人確認と言います。

本人確認の必要書類ークレジットカード現金化で必要なもの一覧

先述した通り、本人確認の必要書類は顔写真付きの身分証ですが、その他にも準備すべきものがあります。

  • 身分証
  • 顔写真
  • クレジットカード
  • 銀行口座
  • 電話番号、メールアドレス

上記を事前準備しておくとスムーズに現金化できますよ。

この記事では、クレジットカード現金化の本人確認について、本人確認で必要な書類、詳しく解説していきます。

クレジットカード現金化では本人確認は必須なので、この記事に書かれているものをしっかり準備しておきましょう。

また、不必要なもの(提出する必要がない情報)を求めてくる業者は詐欺の可能性もありますので、そちらもしっかり把握しておきましょう。

トラブルに巻き込まれることなくスムーズに現金化したい人は、この記事を最後まで読んでみてくださいね。

おすすめ業者をPICKUP
現金最大3万円プレゼント中ーTOPクレカ

TOPクレカ

優良業者「TOPクレカ」をまず先にご紹介。

今だけ現金最大3万円キャッシュバックキャンペーン中です◎

Web申込は24時間いつでも受付中で、ご相談やお見積もりは無料です。

「今日すぐ現金が必要・・」という方は、ぜひ「TOPクレカ」をご利用ください♪

\ 現金最大3万円プレゼント中 /

TOPクレカ
無料お見積りはこちら

この記事を書いた人

当メディア編集長。現金化に関する情報を発信しています。
この記事では、クレジットカード現金化の本人確認について、本人確認の際に必要になる書類について解説します。

この記事の目次

クレジットカード現金化の本人確認とは

先述しましたがもう一度。クレジットカード現金化をする為に必要なものは下記の通りです。

  • ショッピング枠に残高のあるクレジットカード
  • 現金を振り込んでもらう為の銀行口座

クレジットカードや銀行口座が申請者本人のものなのか確認するために、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの身分証を提出しないといけません。これを本人確認と言います。

クレジットカード現金化は本人確認不要?

安全性の観点から、クレジットカード現金化では本人確認が必須となっています。

本人確認不要で現金化できると謳う業者は悪質である可能性が高いので注意してください。

参考記事クレジットカード現金化は本人確認不要?電話なしでもできる?

クレジットカード現金化の本人確認の必要書類ークレジットカード現金化で必要なもの一覧

この段落では、本人確認の必要書類はもちろん、クレジットカード現金化で準備する必要があるもの一覧をまとめました。

使用できる身分証の種類や、その情報が必要な理由などについて、順番に解説していきます。

①身分証の写真(運転免許証、年金手帳、健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、など)

身分証のイメージ画像

身分証明書は本人確認のために必要です。本人確認が必要な理由は、法律違反になってしまうから。

クレジットカード現金化は、基本的に中古品の売買を利用しています。中古品の売買は「古物営業法」により、本人確認が必須と決まっています。

ちなみに、キャッシュバック方式の業者でも、「どんな人が申し込みをしたのかを確認する」ために身分証明書の提出を求められます。

顔写真がない健康保険証などは、それだけではだめです。他にも書類が必要なので、1点で済んでしまう免許証、マイナンバーカード、パスポートなど顔写真付きの身分証明書を用意しましょう。

来店不要の現金化業者を使ってオンラインで手続きするときは、身分証明書の表と裏の写真を撮影して送信します。

身分証明書の裏面に、住所変更などの情報があるからです。住所変更をしていない場合でも必要です。

裏面に何もなければ、身分証明書の表に記載している住所が変わっていないことが分かります。

それから、身分証明書を撮影するときは、下記のことに気を付けましょう。

  • 文字が小さくて読めない
  • 画像がぼやけている
  • 光が写りこんでいる

このような状態だと再度身分証明書の提出を求められます。

2度手間になってしまいますし、クレジットカード現金化までに余計に時間がかかってしまいますよ。

②顔写真(スマホ自撮りでOK)

顔写真の自撮りのイメージ画像

身分証明書とは別にスマホで自撮りした顔写真も必要です。

なぜなら、クレジットカード現金化業者は、身分証明書の写真と自撮りした顔写真を見比べて、本人が申し込みしたのかを調べなければならないからです。

具体的には、顔写真を一緒に提出することにより、

  • 他人の身分証明書でないこと
  • 偽造された身分証明書ではないこと

などをクレジットカード現金化業者はチェックしています。

これは利用者の違法行為を防ぐ目的でもありますね。

③クレジットカードの情報

クレジットカード情報のイメージ画像

クレジットカードの情報は、クレジットカード現金化ができる業者が指定する商品を購入し、決済するために必要になります。

  • カードの名義
  • カードの番号
  • カードの有効期限

の情報は事前に確認しておきましょう。WEBから申し込みをするときは、申し込みフォームに入力する欄があります。

また、クレジットカードの券面を写メで送って、確認する業者もあります。

クレジットカード現金化業者は、アルファベットで記載された名義をみて、本人名義のクレジットカードで間違いないかもチェックしていますよ。

④銀行口座の情報

銀行口座のイメージ画像

銀行口座の情報は、現金の振り込みに必要です。通帳やキャッシュカードを用意してください。

銀行口座は、日本国内の銀行であれば基本的にどこでもOKです。ただし、金融機関によっては、振込まで時間がかかる場合があります。

できるだけ早く振込をしてもらいたいときは、モアタイムシステム対応の銀行口座を利用するのがおすすめです。

例えば、

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行

など

モアタイムシステムとは、夜間や土日祝日でも即座に入金されるシステムです。

コンビニのATMなどで夜中でも出金できるようになります。

地方銀行でも、モアタイムシステム対応の銀行は多いです。

入金を希望している銀行口座が、モアタイムシステムに対応しているかを事前に確認しておきましょう。

⑤電話番号・メールアドレス

電話番号・メールアドレスのイメージ画像

電話番号は、連絡手段だけでなく、利用の意思や現金化希望金額など確認するために必要です。

メールアドレスは、WEBから申し込みをするときに必要なクレジットカード現金化業者があります。

メールアドレスを持っていないときは、GmailやYahoo!メールなど無料で使えるメールアドレスでもOKですよ。

他人の情報でクレジットカード現金化できる?

結論からお伝えすると、他人の情報でクレジットカード現金化はできません。家族やパートナーの情報でもできないので気を付けてください。

クレジットカード現金化業者は、他人名義のカードをはじめ、盗難カード、偽造カードの不正使用を恐れています。

不正使用されると

  • 本当のカードの持ち主から訴えられる
  • 本当のカードの持ち主に現金を返金しなければならない
  • 当局から、不正使用を手助けしたとしてペナルティを受ける

などのリスクがあります。

そのため、クレジットカード現金化業者は、身分証明書や顔写真、クレジットカードの名義を厳重にチェックしてるのです。

クレジットカード現金化で「提出が必要な情報」と「提出が不要な情報」をまとめてみた【悪質業者に注意】

クレジットカード現金化業者を利用する際に「提出が必要な情報」と「提出が不要な情報」を解説します。

クレジットカード現金化するとき、どこの業者を使っても基本的に提出が必要は情報は同じです。

ただし、クレジットカード現金化業者の中には悪徳業者もいて、提出不要な情報まで聞き出そうとします。

トラブルを防ぐためにも、提出が必要な情報と不要な情報をここでチェックしてください。

提出が必要な情報

クレジットカード現金化業者を利用するときには、下記表内の書類や情報の提出が必要です。

必要なもの
(提出が必要な情報)
用途
身分証明書 名前、住所、顔写真の確認
顔写真 身分証明書の写真を確認
クレジットカード ・決済
・本人名義確認
銀行口座 入金
電話番号
メールアドレス
クレジットカード現金化業者との連絡手段

初めてクレジットカード現金化するとき、個人情報の提供に戸惑いがあるかもしれませんが、個人情報漏洩には気を使っている業者ばかりですのでご安心ください。

上記情報はどの業者でも提出が求められますので、事前に準備しておきましょう。

提出が不要な情報

下記情報を求められたら、その業者は警戒が必要です。

  • 給与明細や年収に関する情報
  • カードローンや借入の利用状況
  • 勤務先の住所や電話番号
  • 実家の住所や電話番号
  • 銀行口座の暗証番号

クレジットカード現金化をする際に上記情報は不要です。

申し込みを途中で止めて、悪徳業者ではないか確認しましょう。

もし、このような情報を教えてしまうと・・

もし、このような情報を教えてしまうと、

  • 闇金を紹介する電話がかかってくる
  • 実家に振り込み詐欺の電話がかかってくる
  • クレジットカードを不正利用される

といった、トラブルや犯罪に巻き込まれる危険性が非常に高いです。

悪徳業者は、詐欺グループに情報を渡すために、クレジットカード現金化とは関係ないあなたの情報を入手しようとします。

セキュリティコードは判断が分かれます

ちなみに、クレジットカード裏面のセキュリティコードは判断が分かれる情報です。

セキュリティコードを教えてしまうとカード本体がなくても、第三者にクレジットカードを利用されてしまう可能性が高くなります。

もちろん、カード決済のためにセキュリティコードを求めてくる業者もありますので、信頼できる業者を利用するようにしましょう。

下記で紹介している「TOPクレカ」のような信頼できる業者であればセキュリティコード情報を提出しても問題ありません。

セキュリティコード情報の提出に抵抗がある人は、セキュリティコード情報なしで利用できる業者を選ぶようにしましょう。

TOPクレカ
現金最大3万円プレゼント中

TOPクレカ

創業15年の老舗「TOPクレカ」では期間限定キャンペーンを実施中です。

新規契約で現金最大3万円プレゼント◎
還元率2%アップキャンペーン中◎
お友達ご紹介特典で最大5万円プレゼント◎
他業者様からのお乗り換えキャンペーン中◎

還元率は最大98%、申込から振込まで最短3分、24時間スマホから申し込みOKです♪

安全に配慮してクレカ現金化したい人は是非TOPクレカを頼ってみてください。

\ 現金最大3万円プレゼント中 /

TOPクレカ
無料お見積りはこちら

まとめ:クレジットカード現金化では本人確認が必須ですー必要書類を事前準備しておけばスムーズに現金化できます

この記事では、クレジットカード現金化の本人確認について、本人確認の必要書類、クレジットカード現金化で必要になるものを解説しました。

この記事で解説したものを事前準備しておくとスムーズに現金化することができます。

クレジットカード現金化に必要のない情報を聞き出して、闇金の勧誘や振り込み詐欺などに利用しようとする悪徳業者もいますので、クレジットカード現金化をする際は優良業者を利用するようにしましょう。

クレジットカード現金化ができる優良業者は下記記事で詳しくまとめています。悪徳業者に騙されたくない方は是非ご参考ください。

おすすめ記事
この記事を共有する
  • URLをコピーしました!
PAGE TOP
PAGE TOP
この記事の目次