MENU
PR

クレジットカード現金化は本人確認不要?電話なしでもできる?方法や注意点を解説

クレジットカード現金化 電話ナシ

現金が必要な時に利用できる便利なクレジットカード現金化ですが、家族バレや電話連絡に抵抗があり「電話なしで現金化できないか?」と、気になっている方も多いようです。

結論からお伝えすると、クレジットカード現金化を行う際の本人確認や電話連絡は基本的に必須となっていますが、中には電話なしで利用できる業者もあるそうです。

この記事では、クレジットカード現金化で電話確認が必要な理由や、電話なしで利用できる業者の注意点、電話ありで利用する業者がおすすめな理由、等を解説します。

この記事を書いた人

当メディア編集長。現金化に関する情報を発信しています。
この記事では、クレジットカード現金化を電話なし(本人確認なし)で行う方法や注意点を解説しました。

この記事の目次

結論:クレジットカード現金化する際には「電話連絡」と「本人確認」は必要

クレジットカード現金化をおこなうときは、基本的に電話確認は必要になります。
現金化業者でも電話連絡を必須としている業者は多く、電話なしで現金化するとなると、電話ありの現金化に比べ時間も手間もかかります。

すぐにまとまった現金が手に入る、クレジットカード現金化のメリットが活かせなくなるのがデメリットです。

クレジットカード現金化をおこなうときは、基本的に電話連絡が必要と考えておきましょう。

クレジットカード現金化で電話連絡や本人確認が必要な理由

まずは、クレジットカード現金化でなぜ電話確認がおこなわれているのか解説します。
クレジットカード現金化での電話連絡は、ほとんどの現金化業者で導入されています。
なぜ電話連絡をおこなっているのか知れば、必要性を感じられるでしょう。

  • 電話を使い、口頭で本人確認している
  • クレジットカードの不正使用を避けるため
  • 実際に現金化する前に、口頭説明をしている

電話を使い、口頭で本人確認している

買取方式を採用しているクレジットカード現金化業者では、本人確認が必須とされています。

これは、古物営業法第十六条で本人確認が必須となっているからです。

第十六条 古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとするときは、命令の定める方法により、その相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認しなければならない。不正品の疑がある場合においては、直ちに警察官又は警察吏員にその旨を申告しなければならない。

出典 shugiin.go.jp

買取方式を採用したクレジットカード現金化業者は、利用者が一度購入した商品を買取、その売却金額として利用金額を振り込んでいます。

申し込まれた内容を電話で実際に確認し、本人確認とするためにも電話連絡を必須にしているクレジットカード現金化業者が多くなっています。

クレジットカードの不正使用を避けるため

クレジットカード現金化業者側も、第三者によるクレジットカードの不正使用に注意しています。

クレジットカード現金化では、現金化業者に本人確認書類として、身分証の提出が必要です。
主に提出を求められる身分証は、下記になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証

求められる身分証は、原則として顔写真つきの身分証が求められます。

提出された身分証と電話で行う本人確認が無事にできれば、クレジットカードが不正使用されていないと判断されるでしょう。

 

実際に現金化する前に、口頭説明をしている

クレジットカード現金化では、実際に現金化をおこなう前に、クレジットカード現金化業者から口頭で利用金額や換金率、現金化の流れが説明されます。

クレジットカード現金化では、利用した金額に対して手数料が発生するため、利用した金額を満額振り込まれるわけではありません。

現金化をおこなう前に伝えておかないと、いざ利用金額が振り込まれたときに、「思っていた金額と違う」「詐欺なのか」と不安になる利用者が出る可能性があります。

また、キャッシュバック方式を採用している現金化業者の場合、振り込み後に商品の受け取りが発生します。
利用者が理解していないと、商品の受け取りがされずトラブルになる可能性も否定できません。

安全にクレジットカード現金化をおこなうためにも、電話連絡がおこなわれています。

電話なしでクレジットカード現金化を行う方法と注意点

電話なしで、クレジットカード現金化をおこないたい人も多いでしょう。

ここでは、電話なしでクレジットカード現金化ができる方法と注意点にふれていきます。

  • 方法①:電話なしで利用できるクレジットカード現金化業者を利用する【非推奨】
  • 方法②:業者を利用しないクレジットカード現金化に挑戦する

方法①:電話なしで利用できるクレジットカード現金化業者を利用する【非推奨】

数は多くありませんが、電話なしで利用できるクレジットカード現金化業者を探す方法もあります。

クレジットカード現金化業者のホームページを見て、「電話なしで現金化できる」旨の記載がないか確認しましょう。

電話なしでの現金化をおこなっている業者では、メールを利用した本人確認が一般的です。

電話連絡ありの業者に比べると、数が少なくなりますが、探せば電話なしで現金化に対応する業者もあるでしょう。

注意点として、電話なしでクレジットカード現金化を行う業者は、電話ありのクレジットカード現金化業者に比べて悪徳業者が多くなっています。

どの業者が安全かわかないときは、以下のページでメールのみでクレジットカード現金化が行える業者を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

方法②:業者を利用しないクレジットカード現金化に挑戦する

クレジットカード現金化業者を利用せず、自分で購入した商品を使い、クレジットカード現金化に挑戦する方法があります。

クレジットカードで購入した商品は、フリマアプリやネットオークション、リサイクルショップで販売し、販売した金額が現金化で得られる金額です。

クレジットカードを利用して、ギフト券や旅行券を購入し、金券ショップに売却する方法もあります。

金券ショップに出向く手間がかかりますが、フリマアプリを利用するよりも早く手元に現金が手に入るのがメリットです。

どの方法も時間や手間がかかるため、業者を利用したクレジットカード現金化に比べると手軽さは低くなります。

注意点として、クレジットカード現金化業者を通さず、自分で現金化すると、クレジットカード会社に現金化がバレる危険性があります。

クレジットカード会社は常に不正な利用がおこなわれていないかチェックしており、現金化に利用されやすい商品の購入がないか、いつもより大きな金額を利用していないか確認しています。

クレジットカード現金化業者は、クレジットカード会社にバレずに現金化をおこなうノウハウがありますが、自分で現金化するとノウハウがありません。

結果的にクレジットカードの現金化がバレ、カードの利用停止につながる恐れがあります。

電話なしでクレジットカード現金化するメリットとデメリット

電話なしで、クレジットカード現金化するメリットとデメリットをご紹介します。

実際に現金化してから後悔しないよう、事前にデメリットを把握しておきましょう。

  • メリット①:電話ができない時間帯に現金化できる
  • デメリット①:メールで対応するため時間がかかる
  • デメリット②:悪徳業者も存在する
  • デメリット③:自分で換金すると換金率が低い

メリット①:電話ができない時間帯に現金化できる

クレジットカード現金化業者の多くは、営業時間が社会人が働いている日中の時間帯です。

利用したい現金化業者があっても、営業時間によっては仕事の時間と被り、なかなか利用できない人もいるでしょう。

電話なしで対応できるクレジットカード現金化業者でれば、電話ができない時間帯でも現金化できるのがメリットです。

デメリット①:メールで対応するため時間がかかる

電話なしのクレジットカード現金化は、メールで本人確認をします。
電話確認に比べると確認に時間がかかり、後回しになりがちです。

クレジットカード現金化業者の多くは、連絡後最短5分や初回利用でも15分程度での振り込みをうたっています。
しかし、メールで本人確認する場合は、最短時間での利用は難しいと考えておきましょう。

場合によっては、即日現金が手元に入らない可能性も否定できません。

急ぎで現金化したいときは、電話ありのクレジットカード現金化業者を利用する方がスムーズです。

デメリット②:悪徳業者も存在する

電話なしでクレジットカード現金化をおこなっている業者の中には、悪徳業者も存在します。

万が一悪徳業者にあたってしまうと、個人情報の悪用や、クレジットカードの不正使用の被害にあう危険性も否定できません。

電話なしでクレジットカード現金化をおこなう場合は、電話ありの業者を利用するときよりも、注意して業者選びをする必要があります。

デメリット③:自分で換金すると換金率が低い

クレジットカード現金化業者を利用せず自分で換金すると、換金率が悪いのもデメリットです。

「業者を通さない分手数料がかからず、換金率はいいのでは?」と考えられがちですが、意外とそうではありません。

クレジットカード現金化業者は、換金率の良い商品を把握しています。
利用者には換金率の良い商品を指定して購入の指示を出すため、自分で現金化するよりも高い換金率でクレジットカード現金化がおこなえます。

時間や手間の面を考えても、クレジットカード現金化業者を利用した方が、スムーズに現金が手に入るでしょう。

電話ありのクレジットカード現金化業者を利用するメリットとデメリット

次に、電話ありのクレジットカード現金化業者を利用するメリットとデメリットをご紹介します。

電話ありのクレジットカード現金化業者は、電話なしのクレジットカード業者に比べてメリットが多くなります。

どちらが自分に合っているか検討して、利用する現金化業者を選びましょう。

  • メリット①:換金率が高い
  • メリット②:カード会社にバレにくい
  • メリット③:時間がかからない、即日現金化できる
  • デメリット①:悪徳業者の可能性はゼロではない

メリット①:換金率が高い

電話ありのクレジットカード現金化業者を利用すると、換金率が高いのがメリットです。

クレジットカード現金化業者は、購入後現金に変えるときに、利率のいい商品を把握しています。

不要な経費も少なくしているため、利用者に還元できる金額が大きいのも特徴です。

できるだけまとまった金額が欲しい方は、電話ありのクレジットカード現金化業者を利用しましょう。

メリット②:カード会社にバレにくい

カード会社にバレづらいのも、電話ありで現金化するクレジットカード現金化業者のメリットです。

クレジットカード現金化業者では、クレジットカード会社が注意するポイントをノウハウかしており、安心して現金化できます。

実際に、今までクレジットカード事故0件をうたうクレジットカード現金化業者も少なくありません。

電話ありのクレジットカード現金化業者を利用すれば、安全にクレジットカード現金化が行えるでしょう。

メリット③:時間がかからない、即日現金化できる

電話ありのクレジットカード現金化業者では、電話なしのクレジットカード現金化業者に比べて、手続きに時間がかからないのもメリットです。

電話ありのクレジットカード現金化業者では、最短3分〜15分など迅速な振込対応を強みとしています。電話でやりとりが進められるため、時間がかからないことが要因です。

クレジットカードの現金化を考える人は、急いで現金が必要な人も少なくありません。迅速に現金が手に入るのは、大きな魅力といえるでしょう。

デメリット①:悪徳業者の可能性はゼロではない

電話ありのクレジットカード現金化業者を利用したとしても、悪徳業者である可能性はゼロではありません。

クレジットカード現金化業者が安全か判断するポイントは、以下の点です。

  • 本人確認がおこなわれている
  • 企業情報が記載されている
  • 連絡先が記載されている

利用する前にチェックして、安全な業者を見定めましょう。

電話連絡あり/本人確認ありの安心できて高換金率なクレジットカード現金化業者おすすめ3選

電話あり・本人確認ありのクレジットカード現金化業者の中でも、安心して利用できる、高換金率が魅力のクレジットカード現金化業者を3つご紹介します。

クレジットカード現金化業者を選ぶとき、どのクレジットカード現金化業者がいいか悩んだときは、ぜひこの中から利用する業者を選びましょう。

  • TOPクレカ
  • GENKINKA ITORI
  • セーフティーサポート

TOPクレカ

TOPクレカ

出典 topcreca.com

TOPクレカは、キャンペーン豊富でお得に現金化ができるクレジットカード現金化業者です。

TOPクレカでは、以下のキャンペーンがおこなわれています。

  • 新規の利用者に最大3万円プレゼント
  • 友人紹介で最大5万円プレゼント
  • 他社からの乗り換えで現金プレゼント
  • ホームページリニューアルにともない換金率2%UP

他社よりもキャンペーンが豊富に用意され、当てはまる人も多くどの利用者もお得にクレジットカード現金化できるのが魅力です。

会社情報もしっかり記載されており、安心して依頼できるクレジットカード現金化業者です。

お得にクレジットカード現金化をおこないたい方は、ぜひ利用してください。

https://topcreca.com/

GENKINK ITORI

クレジットカード現金化業者「GENKINKA ITORI」のイメージ画像

出典 genkin-kaitori.org

GENKINKAITORIは、最大換金率99.5%を誇るクレジットカード現金化業者です。

老舗のクレジットカード現金化業者ですが、クレジットカードの利用停止や換金率についいてのクレームもなく、安心して利用できる業者といえます。

新規の利用者には、最大で45,000円分の現金がプレゼントされるキャンペーンもおこなわれています。

他の業者よりお得にクレジットカードの現金化をおこないたい方は、GENKINKAITORIを利用しましょう。

https://genkin-kaitori.org/

セーフティーサポート

クレジットカード現金化業者「セーフティーサポート」のイメージ画像

出典 safetysupport.net

セーフティーサポートは、24時間営業のクレジットカード現金化業者です。

ジャパンネット銀行・楽天銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っていれば、24時間365日振り込みに対応しているのが魅力です。

20年以上の長い実績のある会社であり、リピーターも多く安心して依頼できます。

セーフティーサポートでは、明朗決済を謳い文句としています。
換金率意外の手数料が発生することなく、振り込まれた金額が思ったよりも少ない心配もありません。

ほかのクレジットカード現金化業者が営業していない時間に、クレジットカード現金化をおこないたいときは、セーフティーサポートを利用しましょう。

https://safetysupport.net/

Q&A

クレジットカード現金化での、気になるQ &Aにお答えします。

疑問点を解消し安心して、クレジットカード現金化を行いましょう。

  • 電話ありのクレジットカード現金化でも家族バレは防げる?
  • 電話なしの現金化でクレジットカード会社に疑われたら?

電話ありのクレジットカード現金化でも家族バレは防げる?

A.電話ありのクレジットカード現金化でも家族バレは防げます。

電話ありのクレジットカード現金化を避けるのは、家族バレを心配している方が多いためです。

ここでは、電話ありのクレジットカード現金化でも家族バレを防ぐ方法をご紹介します。

  • 電話連絡の時間を指定する
  • 後から送られてくる商品の時間を指定する

電話連絡の時間を指定する

クレジットカード現金化業者を利用するとき、折り返しで電話連絡する時間は指定できます。

家族がいない時間や、自分自身が外出している時間を狙って時間指定をしましょう。
現金化のやりとりを家族に聞かれなければ、家族にバレる心配はありません。

電話してもらう電話番号を、自宅の番号ではなく携帯電話の番号にしておくのも大切です。
自宅の電話番号は、万が一追加で連絡があったときに、自分以外の家族が電話に出てしまう危険性があります。

携帯電話の番号にしておけば、自分以外が電話に出る心配はないため、家族にバレる可能性が低くなります。

後から送られてくる商品の時間を指定する

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者を利用すると、振り込み後にキャッシュバック対象の商品が送られてきます。
商品自体は意味のないアイテムですが、受け取らなければいけません。

家族にバレないためには、決済時に商品の到着時間を指定しておく必要があります。
自分以外が商品を受け取ることがないよう、十分に注意しましょう。

電話なしの現金化でクレジットカード会社に疑われたら?

A .電話なしのクレジットカード現金化で、クレジットカード会社に疑われたときは、無視せず電話にでましょう。

クレジットカード会社から連絡がきた場合は、基本的にクレジットカードの現金化が疑われていると考えましょう。
このときの受け答えを誤り、現金化がバレてしまうと、カードの利用停止や強制退会につながります。

疑われているだけで、実際にバレているわけではないため、やりとりは十分注意しておこないましょう。

また、連絡がきたからとクレジットカード会社からの電話を無視するのはよくありません。
必ず電話に出て、出られなかったときは折り返してください。

電話に応答しないことで、より疑いが強くなる危険性があります。

クレジットカード会社から連絡がきたときの、詳しい対処方法は下記のサイトで紹介しています。
実際に連絡がきたとき焦らないよう、事前に確認しておくのがおすすめです。

クレジットカード現金化は電話連絡あり/本人確認ありの専門業者の利用がおすすめ

クレジットカード現金化をおこなうときは、本人確認あり・電話連絡ありの現金化業者を利用しましょう。

クレジットカード現金化業者のほとんどは、電話連絡ありで現金化が利用可能です。
電話なしで現金化できる可能性もありますが、業者の数自体が少なく悪徳業者がいる可能性も多くなっています。

電話なしでクレジットカードの現金化をおこなうなら、自分で現金化する方法もあります。
しかし、クレジットカード会社にバレやすいうえ、換金率も悪くおすすめはできません。

安全にクレジットカード現金化をおこなうなら、電話ありの現金化業者がおすすめです。
本人確認をしっかりおこなう業者は、法律に違反もしていないため安全に現金化できる可能性が高くなっています。

クレジットカード現金化をおこなうときは、業者選びに注意して、安全におこないましょう。

おすすめ記事
この記事を共有する
  • URLをコピーしました!
PAGE TOP
PAGE TOP
この記事の目次