MENU
PR

換金率の高い商品一覧!クレジットカードで購入できて高く売れるものとは

換金率の高い商品

クレジットカードで換金率の高い商品を購入することができれば、一度の現金化でまとまった金額を用意することができます。しかし、初めてクレジットカードの現金化を行う人には、どの商品が換金率が高いかわからないことでしょう。また、換金率の高い商品の購入は、カード会社側も現金化を疑うので自分で行うにはリスクを伴うのです。

そこで今回は、換金率の高い商品9選を紹介すると共に、換金率の高い商品を現金化する際の注意点や現金化を疑われた際の対応策について解説していきます。現金化でもとまった金額を用意したい人は、参考にしてみてください。

この記事を書いた人

当メディア編集長。現金化に関する情報を発信しています。
この記事では、クレジットカードで購入できて換金率が高いものについて解説させていただきました。

この記事の目次

換金率の高い商品9選まとめ

換金率の高い商品を換金率の相場・換金までにかかる時間・1回で換金できる金額でまとめると以下のようになります。

商品名 換金率 換金までにかかる時間 1回で換金できる金額
信販系ギフトカード(JCB、VISAなど) 85~98% 1~2週間程度 30万円
金券(Amazonギフトカード、クオカードなど) 60~95.5% 1日程度 上限なし
切手 60~91.5% 1~3日程度 ~20万円
旅行券 80~94% 1~2週間程度 上限なし(JTBは10万円上限)
時計 平均86% 1週間程度 上限なし
ブランド品 ~92% 1週間程度 上限なし
ネックレス(金、プラチナ) 1週間程度 上限なし
ゲーム機・ゲームソフト ~96% 1~3日程度 3万円程度
家電 ~92% 1~3日程度 10万円程度

以上は換金率の高い商品になりますが、換金までにかかる時間や1回で換金できる金額がそれぞれに異なります。

例えば、信販系ギフトカード(JCB、VISAなど)は換金率・1回で換金できる金額が高いものの、換金までにかかる時間がかかるので即日現金化したい場合にはやや不向きな商品となるのです。

そのため、換金率の高い商品を現金化したいのであれば、いつまでに現金が必要になるかを考え商品を選択する必要があります。それでは、次章からそれぞれの換金率の高い商品に関して詳しく解説していきます。

【換金率85~98%】信販系ギフトカード(JCB、VISAなど)

換金率 85~98%
換金までにかかる時間 1~2週間程度
1回で換金できる金額 30万円
購入先 信販会社の公式ホームページ
販売先 金券ショップ

信販系ギフトカードとは、JCB・VISAなどの信販系会社が販売しているギフトカードを指します。一般的に百貨店・専門店で販売しているギフト券はクレジットカードで購入できませんが、信販会社が独自に発行しているギフトカードであればクレジットカードで購入できるのです。

例えば、JCBギフトカードであれば1,000円券・5,000円券が1枚から購入可能ですが、1回の注文購入限度額は30万円と上限が設定されている場合があります。さらに、ギフトカードが手元に届くまで1~2週間程度の期間が必要になるので、すぐにでも現金化を行いたい場合にはやや不向きな換金率の高い商品となります。

ただし、~98%での買取が期待できる換金率の高い商品なので、できるだけ高換金率の現金化を行いたいなら検討してみるのも悪くありません。

【換金率90~98%】JCBギフトカード

JCBギフトカードの換金率は90~98%程度です。

商品名 換金率
JCBギフトカード(額面1,000円) 90~98%
JCBギフトカード(額面5,000円) ~98%

JCBギフトカードは、クレジットカード会社のJCBが発行しているギフトカードです。通常ギフトカードは現金化の恐れがあるのでクレジットカードの購入はできませんが、JCBギフトカードであればクレジットカードでの購入が可能です。

購入可能なJCBギフトカードは、額面1,000円券・5,000円券のみとなっています。購入できる場所はJCBの公式販売サイト・全国の販売店・電話となっており、クレジットカードでの購入はJCBカードのみとなのでその他のクレジットカードは利用できません。

さらに、1度に購入できる金額は30万円までとなっています。また、カードタイプのJCBギフトカードは、買取不可となっているケースが多いので注意が必要です。

換金率は90~98%と非常に高くなっているのでその他の換金率の高い商品より好条件ですが、JCBの公式販売サイトでの購入だと手元に届くまで1~2週間程度必要なので急を要する現金化には不向きとなっています。

【換金率85~98%】VISAギフトカード

VISAギフトカードの換金率は85~98%程度です。

商品名 換金率
VISAギフトカード(額面1,000円) 85~98%
VISAギフトカード(額面5,000円) ~98%

VISAギフトカードは、三井住友カード株式会社が発行するギフトカードです。JCBギフトカード同様にクレジットカードで購入することができるギフトカードですが、対応するクレジットカードはVISAカードのみとなっています。

購入できる額面は1,000円券・5,000円券のみとなっており、購入場所はVISAの公式販売サイト・全国の販売店となっています。注文上限は1回につき20枚かつ30万円までです。また、カードタイプの買取を行っていないケースがあるので注意しておきましょう。

換金率は85~98%とド高くなっており、額面1,000円よりも額面5,000円の方が換金率が高い傾向があります。換金率の高い商品の中でも好条件な現金化が期待できますが、インターネットでの購入であると発券まで1週間・送料448円が必要になりすぐに現金化を行いたい場合にはやや不向きであると言えるでしょう。

【換金率60~95.5%】金券(Amazonギフトカード、クオカードなど)

換金率 60~95.5%
換金までにかかる時間 1日程度
1回で換金できる金額 上限なし
購入先 Amazon公式サイト、JCB公式サイトなど
販売先 金券ショップ、ギフト券買取サイト

Amazonギフトカード、クオカードなど金券も換金率の高い商品と言えます。特にAmazonギフトカードは公式サイトでクレジットカードで購入可能で、需要も高いので安定した換金率を期待することができます。

さらに、Amazonギフトカードは様々なタイプのものが販売されていますが、Eメールタイプであれば発券を待つ必要もなく直ぐに手に入れられるので現金スピードも早いのが特徴です。通常買取価格も80%程度と高くなっており、サイバーマンデーやクリスマスセールには換金率も高くなるケースがあります。

一方、クオカードも換金率の高い商品となっていますが、クレジットカードでの購入方法が限られる上に手数料を考えると割高になってしまいます。クオカード自体は換金率の高い商品ですが、クレジットカード現金化を行うことを考えると不向きな商品と言えるでしょう。

【60~86%】Amazonギフトカード

Amazonギフトカードの換金率は60~86%程度です。

買取方式 換金率
ギフト券買取サイト 2,000円まで:〜60%
2,001円以上:60%〜
5,001円以上:70%〜
10,000円以上:85%~86%
※いずれもEメールタイプ
金券ショップ Eメールタイプ:85%
グリーディングカードタイプ:85%
ボックスタイプ:83%
シートタイプ:82%
ポサカードタイプ:85%
商品券タイプ:83%

Amazonギフトカードは、コンビニや百貨店など様々な場所で購入できる人気の高い金券の一つです。Amazonギフトカードは様々なタイプのものが販売れていますが、人気が高く現金化しやすいのがEメールタイプとなっています。

カードタイプや商品券タイプのように発送を待つ必要がなく、購入後に送付されるギフト券番号を控えておけばすぐにギフト券買取サイトで現金化が可能です。さらにAmazonギフトカードの購入は、クレジットカードのみとなっているので現金化がバレにくいメリットもあります。

即日現金化が必要かつ安定した高換金率で現金化をしたいのであれば、おすすめの換金率の高い商品と言えるでしょう。なお、購入上限は設けられていませんが、大量購入すると現金化を疑われるので注意が必要です。

【換金率90~95.5%】クオカード

クオカードの換金率は90~95.5%程度です。

商品名 換金率
QUOカード(ギフト柄、額面500円) 95.5%
QUOカード(ギフト柄、額面1,000円) 94.5%
QUOカード(ギフト柄、2,000円) 93.0%
QUOカード(ギフト柄、額面3,000円) 92.0%
QUOカード(ギフト柄、額面5,000円) 94.0%
QUOカード(ギフト柄、額面10,000円) 95.0%
QUOカード(広告柄、額面500円) 90.0%
QUOカード(広告柄、額面1,000円) 91.0%
QUOカード(広告柄、額面2,000円) 91.0%
QUOカード(広告柄、3,000円) 91.0%
QUOカード(広告柄、額面5000円) 93.5%
QUOカード(広告柄、額面10,000円) 93.5%

クオカードとは、住友商事グループの株式会社ティーガイアの子会社である株式会社クオカードが発行している汎用型のプリペイドカードです。クオカードの換金率はデザインの種類によって異なるのが一般的で、大きく分けて以下の3種類のクオカードがあります。

  • ギフト柄:贈答用のベーシックなものでオンラインショップで購入するケースが多い
  • 広告柄:企業が発行した販促品など
  • 店頭発行:コンビニなどの店頭で購入したもの
  • QUOレディメイドカード・QUOハッピーメイドカード:記念品用のカスタマイズカード

ギフト柄は換金率が高くなっていますが、店頭発行のものなどは買取不可となるケースが多くなっています。また、クオカードは様々な購入方法がありますが、クレジットカード(VISA、Master、JCB、AmericanExpress)で購入できるのはQUOレディメイドカード・QUOハッピーメイドカードのみです。

これらのクオカードは金券ショップ等で買取不可になっているケースがほとんどな上に、発券単価が高く送料も必要となっています。

券種 価格
QUOレディメイドカード 500円券 x 50枚(最小ロット):37,900円(758円 x 50)
送料: 770円
合計:38,670円 (通常の154%)
QUOハッピーメイドカード 500円券 x 5枚 (最小ロット): 6,100円(1,220円 x 5)
送料:770円
合計: 6,870円 (通常の274%)

クオカード自体は換金率の高い商品と言えますが、クレジットカードの現金化には不向きなので別の換金率の高い商品を検討することをおすすめします。

【換金率60~91.5%】切手

切手の換金率は60~91.5%程度です。

換金率 60~91.5%
換金までにかかる時間 1~3日程度
1回で換金できる金額 ~20万円
購入先 日本郵便の販売サイト、キャッシュレス決済対応の郵便局
販売先 チケットショップ

普通切手シート(100枚綴)は郵便局で購入できる手軽さもあり、安定した現金化が期待できる換金率の高い商品です。100枚綴りの普通切手シートであれば、85%以上の換金率で現金化が行なえます。ただし、バラだと換金率が60%~70%に下がるので、100枚綴の普通切手シートを購入するようにしましょう。

かつて郵便局は現金払いのみ対応していましたが、利便性向上・訪日外国人観光客への対応を理由から2020年7月よりクレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済にも対応しています。全国どの郵便局でもキャッシュレス決済が利用できる訳ではありませんが、今後利用可能な郵便局は拡大することが予測されます。

郵便局で利用可能なキャッシュレス決済は以下の通りです。

キャッシュレス決済名 サービス名
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
VISA
Mastercard
JCB・
AMERICAN EXPRESS
Diners Club
UnionPay (中国銀聯)
電子マネー iD
WAON
QUIC Pay
交通系iC Kitaca
SUICA
PASMO
toica
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
HAYAKAKEN
スマホ決済 ゆうちょPay
au PAY
d払い
Jcoin
LINE Pay
メルペイ
PayPay
楽天Pay
支付宝(アリペイ)
微信支付(ウィーチャットペイ)

クレジットカード以外にも、後払いアプリでも購入できるのが切手の特徴です。クレジットカードを持っていない場合が、後払いアプリで現金化するのも一つの方法となります。

なお、日本郵便の切手販売サイトから購入すると、郵送まで3日程度の時間が掛かります。そのため、すぐにでも現金化を行いたいのであれば、キャッシュレス決済対応の郵便局を利用するのがおすすめです。

また、切手の買取はチケットショップ等で行われていますが、換金率はショップによって異なるので予め調べておくようにしましょう。

【換金率ー%】プレミアム切手

額面を大きく上回る価格が付けられる切手をプレミア切手と呼びます。多くは明治~昭和にかけて販売されていた切手で、枚数限定のものがほとんどです。代表的なプレミアム切手の買取価格は以下の通りとなっています。

切手名称 買取価格
竜切手 竜文切手 銭48文 第1版 22,000円
竜文切手銭48文 第2版 25,000円
桜切手 和紙 松田印刷 30銭 40,000円
桜切手 和紙 政府印刷 2銭 黄 Ⅱ 60,000円
鳥切手 12銭 イ 23,000円
鳥切手 12銭 ハ 260,000円
菊切手 18種完 84,000円

オークション等でクレジットカード決済にて購入しその後専門店などに販売すれば現金化が可能ですが、価値を見極める必要があるので急を要する現金化には不向きと言えます。また、専門店で購入しその後現金化する方法もありますが、買取価格に対して換金率はさほど高くないので効率の良い現金化は期待できません。

【換金率60~90%】普通切手

普通切手の換金率は60~90%程度です。

切手名称 換金率
普通切手500円シート(1シート100枚綴) 91.5%
普通切手350円シート(1シート100枚綴) 87.0%
普通切手120円シート(1シート100枚綴) 87.0%
普通切手100円シート(1シート100枚綴) 87.0%
普通切手94円シート(1シート100枚綴) 87.0%
普通切手84円シート(1シート100枚綴) 88.5%
普通切手63円シート(1シート100枚綴) 87.0%

最も換金率が高い切手は、普通切手500円シート(1シート100枚綴)の91.5%です。また、需要の高い普通切手84円や普通切手63円なども換金率が高い商品と言えます。ただし、バラで購入すると換金率が60%~70%と著しく下がるので、必ず100枚綴のシートで購入するようにしましょう。

また、日本郵便の販売サイトで5,000円以下で切手を購入すると、送料(ゆうパケット360円またはゆうパック720円)が必要になります。また、一度に購入できる上限(500円切手の場合1回4点まで)も設けられているので、20万円以上の現金化は行えないので注意が必要です。

【換金率80~94%】旅行券

旅行券の換金率は80~94%程度です。

換金率 80~94%
換金までにかかる時間 1~2週間程度
1回で換金できる金額 上限なし(JTBは10万円上限)
購入先 旅行会社の販売サイト、百貨店などの総合提携店
販売先 チケットショップ

JTB旅行券などの旅行券も換金率の高い商品です。旅行券とは鉄道・バスなどの乗車券及び指定旅館の宿泊券を一組にした券で、国内・海外旅行に関する様々な用途に利用できます。

最もポピュラーなのはJTB旅行券で換金率の高い商品なのですが、JTB旅行券(ナイストリップ)の購入はクレジットカードで購入できません(JTBトラベルギフトカードは可能)。

また、発券までに1週間程度必要になるので、すぐに現金化するには不向きである換金率の高い商品となります。

【換金率90~94%】JTB旅行券

JTB旅行券の換金率は90~94%です。

旅行券名称 換金率
JTB旅行券(ナイストリップ) 1,000円券 93.0%
JTB旅行券(ナイストリップ) 5,000円券 93.0%
JTB旅行券(ナイストリップ) 10,000円券 93.5%
JTB旅行券1,000円券 94.0%
JTB旅行券5,000円券 94.0%
JTB旅行券10,000円券 94.0%
JTB旅行券50,000円券 94.0%
JTBトラベルギフトカード 90.0%

JTB旅行券(ナイストリップ)は、クレジットカードで購入することはできません。クレジットカードで購入が可能なのは、JTBトラベルギフトカードのみです。

ただし、クレジットカードで購入できるJTBトラベルギフトカードは上限10万円となっているので、10万円以上の現金化を行う場合は別の換金率の高い商品を選ぶ方がいいでしょう。加えて、郵送されるまでに1周間程度必要になるので、急いで現金化したい場合は不向である換金率の高い商品と言えます。、

【換金率88~90%】JAL旅行券

JAL旅行券の換金率は88~90%です。

旅行券名称 換金率
JAL旅行券 1,000円券 88.0%
JAL旅行券 10,000円券 90.0%

JAL旅行券とは、日本航空株式会社が発行する旅行券です。日本航空の航空券やジャルパックが主催するツアー商品、JALホテルズなどで使用することができます。

換金率の高い商品の旅行券の中では換金率はやや劣りますが、購入上限が設けられていないので高額の現金化を行う場合にはおすすめです。利用できるクレジットカードもJALカード・Visa・MasterCard・JCB・UC・MUFGカード・DCカード・UFJカード・NICOS・ダイナース・アメリカンエキスプレス・TSキュービックと幅広いもの特徴となっています。

【換金率93~94%】H.I.S.旅行券

H.I.S.旅行券の換金率は93~94%です。

旅行券名称 換金率
H.I.S.旅行券 1,000円券 93.0%
H.I.S.旅行券 10,000円券 94.0%

H.I.S.旅行券は旅行券の中でも換金率の高い商品となっています。利用できるクレジットカードは、VISA・MasterCard・JCB・アメリカンエキスプレス・Diners Club(一部商品を除く)と幅広いのも特徴です。

また、購入上限も設けられていないので、効率の良い現金化が期待できる換金率の高い商品と言えます。なお、H.I.S.旅行券は海外旅行での利用者が多いと言われているので、海外旅行の増加が期待できる12月などが売り時です。

H.I.S.旅行券の換金率高騰が期待できる時期は以下の通りとなっています。

  • 春:3月中旬~4月末
  • 夏:6月下旬~7月末
  • 秋:8月中旬~10月上旬
  • 冬:11月上旬~12月中旬まで

基本的に需要のある換金率の高い商品なので、概ねオールシーズン高い換金率が見込めます。ただし、海外旅行の需要が低い地方での換金率は低くなる可能性があるので、予め換金率を調べて現金化するようにしましょう。

【換金率平均86%】時計

時計の換金率は~86%程度です。

換金率 ~86%
換金までにかかる時間 1週間程度
1回で換金できる金額 上限なし
購入先 高級時計の販売サイト、正規品販売店
販売先 買取業者(古物商)

前提として全ての時計が換金率の高い商品ではありません。基本的に国産・ファッションブランドの腕時計は買取相場が無いので、買取不可になるケースが殆です。

しかし、ロレックスやパテック フィリップなどのいわゆる高級腕時計であれば、需要が高く取引相場が存在しているので換金率の高い商品として買取してくれるお店は多く存在しています。

なお、高級時計はその値段によって以下のモデルに分類できますが、概ね20万円以上であれば高級時計と言えるでしょう。

  • 30万円以下のエントリーモデル
  • 100万円以下のミドルクラスモデル
  • 100万円以上のハイエンドモデル

高級時計は必ず正規品販売店で購入することをおすすめします。当然ながら高級時計は偽物も多く存在しており、昨今では素人では見分けの付かないスーパーコピー品などもあるからです。

また、現金化する際もそれぞれのブランド・型番によって中古市場が異なるので、予め相場をリサーチして選ぶ必要があります。さらに、買取を行ってもらう際には、しっかりと鑑定ができる古物商に持ち込むようにしましょう。

【換金率平均86%】ロレックス

ロレックスの換金率の平均は86%程度です。

モデル型番 販売価格 換金率
GMTマスターⅡ 126710BLRO ブラック 3,036,438円 94.7%
GMTマスターⅡ 126710BLNR ブラック 2,521,850円 90.9%
GMTマスターⅡ 126711CHNR ブラック 3,224,691円 87.0%
GMTマスターⅡ 116710BLNR ブラック 2,242,507円 84.4%
GMTマスターⅡ 116710LN ブラック 1,890,567円 76.8%
GMTマスターⅡ 16710 ブラック 1,806,395円 78.4%
エアキング 116900 ブラック 1,117,011円 90.5%
エクスプローラーⅠ 124270 ブラック 1,294,213円 87.9%
エクスプローラーⅠ 124273 ブラック 1,719,740円 88.2%

高級時計の中でも換金率の高い商品に分類されるがロレックスです。シリーズやモデルによっても換金率が変動するものの、GMTマスターIIやエクスプローラーであれば高い換金率を期待できます。

また、昨今ではリセールバリューの高さがメディアでも報じられるようになり、一般における関心度も高まるばかりです。なお、リセールの高いロレックスのモデルは以下の通りとなっています。

モデル型番 定価 換金率
デイトナ 116500LN 1,757,800円 261.4%
デイトナ 116520 1,242,000円 247.2%
GMTマスターⅡ 126710BLRO 1,426,700円 225.2%
デイトナ 116508 4,602,400円 223.1%
デイトナ 116506 8,013,500円 170.0%

概ね現行品でも100万円を超えるモデルが多いですが、エアキングやオイスターパーペチュアルなどであれば50万円前後で購入可能です。ただし、ショッピング枠の利用限度額を超えてしまう可能性もあるので、幅広く現金化に向いている換金率の高い商品とは言えないかも知れません。

【換金率平均76%】パテックフィリップ

パテックフィリップの換金率の平均は76%程度です。ロレックスに比べ平均の換金率は低く思われがちですが、資産価値も非常に高く購入価格も300万円~1,000万円を超えるモデルが殆です。

そのため、ショッピング枠の利用限度額を超えてしまう可能性が高く、クレジットカードの現金化を行うには不向きの換金率の高い商品と言えます。また、モデルによっては資産になるほどのリセールバリューを誇るものもあり、代表的なものとしては以下のモデルが挙げられます。

モデル型番 定価 換金率
アクアノート 5167A-001 3,663,000円 160.8%
アクアノート 5167/1A-001 4,191,000円 153.4%
ノーチラス 5712/1A-001 7,678,000円 146.3%
アクアノート 5164A-001 6,424,000円 141.5%
ノーチラス 5726/1A-014 8,481,000円 132.5%

現金化には不向きの商品とは言えますが、資産価値は高い時計となるので投資として購入するもの悪くないかも知れません。

【換金率平均80%】オーデマピゲ

オーデマピゲの換金率の平均は80%程度です。世界三大時計ブランドに名を連ねるオーデマピゲは、中古市場でも需要が高く高額で取引されるので換金率も同様に高くなる商品となっています。

特に、ロイヤルオーク・ロイヤルオークオフショアと言ったモデルは、発売と同時に完売してしまう人気の時計です。そのため、正規店で定価で購入することはできず、中古市場での価格も以下のように高騰している現状があります。

モデル型番 定価 換金率
ロイヤルオーク エクストラシン 15202 ST.OO.1240ST.01 3,850,000円 194.6%
ロイヤルオーク 15500ST.OO.1220ST.01 3,465,000 165.3%
ロイヤルオーク エクストラシン 15202OR.OO.1240OR.01 8,140,000 138.1%
ロイヤルオーク クロノグラフ 26331ST.OO.1220ST.01 3,905,000 123.5%
ロイヤルオーク 15450ST.OO.1256ST.01 2,805,000 114.7%

なお、換金率が上昇しやすいモデルは以下の通りです。

  • 発売されたばかりのモデル
  • 製造終了したモデル
  • 限定生産されたモデル

ただし、クレジットカードの現金化を考えると、どのモデルも300万円以上の価格となっているので換金率の高い商品と言っても現金化には不向きと言えます。そのため、クレジットカードの現金化を検討している場合は、別の換金率の高い商品を選ぶのが賢明と言えるでしょう。

【換金率~92%】ブランド品

ブランド品の換金率は~92%程度です。

換金率 ~92%
換金までにかかる時間 1週間程度
1回で換金できる金額 上限なし
購入先 ブランド品の販売サイト、正規品販売店
販売先 買取業者(古物商)

換金性の高い商品として真っ先に思い浮かぶのがブランド品でしょう。財布やバックなどその種類は多岐にわたりますが、アイテムに関わらずルイヴィトン・エルメス・シャネルなどは世代や性別を問わず人気の商品です。

知名度が高く人気のアイテムであれば思わぬ換金率になることも珍しくなく、入手困難なアイテムであれば定価以上の価格で現金化することも期待できます。また、そのようなアイテムでなくても、ブランド品の需要が高いので安定した換金性の高い商品であることが魅力です。

ただし、需要があり換金率の高い商品である反面、偽物が多く出回っているので現金化の難易度がやや高い面もあります。特に、ネット通販やオークションで入手しようとすると偽物を掴まされる可能性も高いので、正規品販売店やギャランティカード(品質保証書)が付いているものを購入するようにしましょう。

また、正規店での購入の際にはクレジットカードの利用限度額に余裕がないと購入できないので、現金化する商品としては人を選ぶ商品と言えます。

【換金率~92%】ルイヴィトン

ルイヴィトンの換金率は~92%です。

商品名称 定価 換金率
ポルトフォイユ・エミリー (リバース) 81,000円 92%
ポルトフォイユ・クレマンス (リバース) 75,000円 92%
スピーディ・バンドリエール20(ノワール、ピンクオレンジ、ベージュ) 280,000円 91%
ネヴァーフルBB (ベージュ、ローズ・ペオニー) 276,000円 91%
オンザゴーEW 377,000円 90%
ソミュールBB 321,000円 90%
ミニバムバッグ 250,000円 90%
ポルトフォイユ・リサ(ヴェールノート) 68,000円 90%

ルイヴィトンであればどのアイテムでも換金率が高い訳でなないので、現金化するにあたっては商品選びが重要になります。限定品も換金率の高い商品と言えますが、定番商品を狙ったほうが安定した現金化が望めます。そのため、モノグラム・ダミエなど、定番ラインを選びましょう。

ただし、ルイヴィトンを含めブランド品を利用した現金化は効率的である反面、短期的に連続購入するとクレジットカードの現金化を疑われ利用停止などになるため注意が必要です。

【換金率平均85%】エルメス

エルメスの換金率平均は85%です。 バーキンやケリーをはじめ様々なバックを展開しており、国内外にコレクターがいるほど非常に需要の高いブランドとなっています。

そのため、換金率も非常に高い商品となっており、定価以上の価格が付くことも珍しくありません。換金率の高いエルメスは以下の通りとなっています。

商品名称 定価 換金率
バーキン25(トゴ) 1,474,000円 183%
バーキン25(トリヨン) 1,210,000円 206%
バーキン25(ヴォースイフト) 1,210,000円 198%
バーキン25(リザード) 1,820,000円 141%
バーキン25(アリゲーター) 5,665,000円 72%
ケリー25(トゴ) 1,168,000円 164%
ケリー25(トリヨン) 1,168,000円 164%
ケリー25(エプソン) 1,452,000円 124%
ケリー25(スイフト) 1,190,000円 117%

中でもバーキンはコレクターがおり在庫も少ない状態にあります。定番のブラックカラーは需要が追いついていないので、換金率の非常に高い商品と言えるのです。

ただし、100万円を超える商品も多いので、クレジットカードの現金化を行うにはあまり現実的な商品とは言えません。そのため、クレジットカードの現金化をブランド品で行うなら、他の換金率の高い商品を選ぶ方がいいでしょう。

【換金率~70%】シャネル

ルイヴィトンの換金率は~70%です。

商品名称 定価 換金率
マトラッセ キャビアスキン A31509 104,760円 70%
マトラッセ キャビアスキン A80758 122,040円 57.3%
マトラッセ キャビアスキンAP0231 93,852円 45.82%

特に、マトラッセはブランド内でも名作であり、換金率の高い商品になります。また、シャネルのロゴが目立つものであれば、換金率の高い傾向があるのでおすすめです。

価格帯も10万年円前後に設定されているので、クレジットカードの現金化が行いたい商品と言えるでしょう。

【換金率ー%】ネックレス(金、プラチナ)

金やプラチナなどのネックレスであれば、物としてよりも地金として価値が高いです。地金はグラム単位で取引され、買取価格も日々変動するので換金率は基本的にありません。

換金率
換金までにかかる時間 1週間程度
1回で換金できる金額 上限なし
購入先 貴金属の販売サイト、貴金属販売店
販売先 地金買取業者

金やプラチナなどのネックレスはアクセサリーとしての購入する人がいる一方、資産として購入される人も多いです。特に、純金は安定した資産であり、大きく値崩れする心配が無い利点もあります。

また、ネックレスに使われている金・プラチナなどの貴金属は需要の関係により価格が変動するものの、通貨不安がある中では安全資産となるのです。安定した価格で取引されるので、クレジットカードの現金化を行う商品としても悪くありません。

【10,421円/g】金

金の買取相場は、10,421円/g程度となっています。ただし、ネックレス等であれば純度によって18金や22金などに分かれるので、買取価格の目安は以下のようになります。

純度 1gあたりの買取価格
K24 10,210 円
K23 9,476 円
K22 9,340 円
K18 7,800 円
K14 5,820 円
K12 4,373 円

金は安全資産として高い確率でいつでも現金に換金できる流動性の高い商品です。世界経済の先行き不安もあり、多くの投資家が資産として金を保有するケースが多くなっています。

ただし、金の価格はドル・ユーロの変動や米国経済状況の影響などによって価格が変動します。そのため、金を売却するときには安く購入し高く売るのが最もお得です。

とは言え、大きく値崩れするリスクはさほど高くないので、クレジットカード現金化の一つの手段として検討するのも悪くありません。

 

【4,477円/g】プラチナ

プラチナの買取価格は4,477円/gです。

純度 1gあたりの買取価格
Pt1000 4,610 円
Pt900 4,272 円
Pt950 4,380 円
Pt850 4,014 円

実は金よりも希少性の高い金属ですが、需要と供給の関係から現在は金よりも安い価格となっています。プラチナは主に工業用の需要が大きく、自動車産業での利用が多いです。

そのため、自動車の売り上げの影響をダイレクトに受けるので、景気動向に大きく左右されるようになっています。プラチナを売るときはまずは相場を確認し、世界情勢・景気動向を鑑み売るようにしましょう。

【換金率~97%】ゲーム機・ゲームソフト

ゲーム機・ゲームソフトの換金率は~92%程度です。

換金率 ~97%
換金までにかかる時間 1~3日程度
1回で換金できる金額 3万円程度
購入先 家電販売サイト、家電量販店
販売先 買取業者、中華系買取業者

任天堂やプレイステーションなどゲーム機・ゲームソフトは、需要が高いので換金率の高い商品となっています。そのため、家電販売サイト・家電量販店で購入し買取店に持ち込めば、直ぐに買い取ってもらえる商品です。

また、買取はゲーム専門の買取業者の方が換金率が高い傾向があります。特に、中華系買取サイトは品薄なゲーム機・ゲームソフトほど換金率が高いので、クレジットカードの現金化をを行う際にはその他の買取業者と共に検討してみるといいでしょう。

【換金率~95%】Nintendo Switch

Nintendo Switchの換金率は~95%です。

商品名称 定価 換金率
Nintendo Switch (有機ELモデル) 37,980円 94%
Nintendo Switch (有機ELモデル)スプラトゥーン3エディション 38,980円 94%
Nintendo Switch (有機ELモデル) スカーレット・バイオレットエディション 38,980円 94%
Nintendo Switch Lite イエロー 21,978円 95%

Nintendo Switchは以下のように3世代のモデルが存在しています。

  • 第1世代:2017年3月発売
  • 第2世代:2019年8月発売
  • 第3世代:2021年10月発売

現在販売されているNintendo Switchは、第3世代(有機ELモデル)が最新機種となっており品薄状態が今でも続いています。旧型とパッケージ・商品も同じなので混同しがちですが、購入するなら第3世代(有機ELモデル)を選ぶようにしましょう。

また、Nintendo Switchには幾つか限定モデルも存在しており、Nintendo Switch (有機ELモデル)ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダムエディション(38,980円)であれば定価以上で現金化が可能です。

【換金率~94%】プレイステーション5

プレイステーション5の換金率は~94%です。

商品名称 定価 販売価格 換金率
PlayStation5(CFI-1200A01) 60,478円 74,500円程度 85%
PlayStation5(CFI-1200B01) 49,478円 65,000円程度 83%
PlayStation5(CFIJ-10011) 66,980円 70,000円程度 94%
PlayStation5(CFIJ-10012) 55,980円 65,000円程度 88%
PlayStation 5(CFIJ-10016) “EA SPORTS FC 24” 同梱版 67,980円 73,000円程度 89%

プレイステーション5は品薄状態がいまだ続いており、定価で購入するのも難しくなっています。そのため、相場よりも高い商品を購入してしまうと、換金率が下がる恐れがあるのです。また、ゲームソフトと同梱版になっているものは、買取価格も上昇する傾向があるので同梱版を購入するのも悪くありません。

ただし、同じプレイステーション5でも少しずつバージョンアップしているので、購入時には型番を確認する必要があります。最新の型番はCFI-1200A01・CFI-1200B01となっているので、間違えないようにしましょう。

【換金率~96%】Xbox

Xboxの換金率は~96%です。

商品名称 定価 換金率
Xbox Series X 59,978円 96%
Xbox Series S 37,978円 90%
Xbox Series X (Forza Horizon 5 同梱版) 65,978円 93%
Xbox Series X(ディアブロ IV 同梱版) 65,978円 93%

Xbox Series Xは2020年に発売されたゲーム機で、高グラフィックと通信速度が早いのでゲームのみならず映画・音楽も高画質・高音質で楽しむことができます。品薄状態が続いている機種なので、換金率もそれに比例して高くなっています。

また、同時期に販売されたXbox Series Sはコンパクトで高性能なゲーム機です。Xbox Series Xとできることの違いはありませんが、Xbox Series Xよりも低スペックなため換金率も低くなっています。

【換金率~92%】家電

家電の換金率は~92%程度です。

換金率 ~92%
換金までにかかる時間 1~3日程度
1回で換金できる金額 10万円程度
購入先 家電販売サイト、家電量販店
販売先 買取業者

家電量販店で手軽に手に入れることができる家電も、換金率の高い商品と言えます。特に家電量販店の店頭で購入すれば、家電量販店独自のポイントを貯めることができるので、換金率をより高くすることが可能です。

貯まったポイントでさらに家電を購入し現金化すれば、実質100%の換金率も目指せるので、家電でクレジットカードの現金化をする場合は店頭で購入するようにしましょう。

ただし、購入後そのまま買取業者に持ち込めない場合、即日にクレジットカードの現金化はできない点に注意が必要です。

【換金率~92%】iPhone

iPhoneの換金率は~92%です。

商品名称 定価 換金率
Apple iPhone 15 ProMax 1TB 249,800円 92%
Apple iPhone 15 ProMax 512GB 219,800円 90%
Apple iPhone 15 ProMax 256GB 189,800円 92%
Apple iPhone 15 Pro 1TB  234,800円 89%
Apple iPhone 15 Pro 512GB  204,800円 91%
Apple iPhone 15 Pro 256GB 174,800円 92%
Apple iPhone 15 Pro 128GB 159,800円 90%
Apple iPhone 15 Plus 512GB 184,800円 85%
Apple iPhone 15 Plus 256GB  154,800円 85%
Apple iPhone 15 Plus 128GB  139,800円 85%
Apple iPhone 15 512GB  169,800円 80%
Apple iPhone 15 256GB  139,800円 92%
Apple iPhone 15 128GB  124,800円 92%

iPhoneも需要が高いので換金率の高い商品となっています。90%を超える商品も多く10万円~20万円程度の価格帯なので、クレジットカードの現金化向きの商品です。

基本的には高スペックほど換金率が高い傾向がありますが、512GB・256GBなど価格とスペックのバランスが良い商品が需要が高いのでニーズに合わせて購入することをおすすめします。

また、iPhoneはクレジットカードでけでなく後払いアプリで購入できる点もメリットです。ただし、あと払いペイディやメルカリスマート払いなど10万円以上のショッピング枠が用意されているものを利用するようにしましょう。

【換金率~87%】デジカメ

デジカメの換金率は~87%です。

商品名称 定価 換金率
ニコン Z 8 ボディ(デジタル一眼レフカメラ) 599,500円程度※オープン価格 76%
SONY α7 IV ILCE-7M4 ボディ(デジタル一眼レフカメラ) 339,000円程度※オープン価格 73%
CANON EOS R6 Mark II ボディ(デジタル一眼レフカメラ) 333,226円程度※オープン価格 87%
RICOH GR IIIx(コンパクトデジタルカメラ) 125,820円程度※オープン価格 85%
SONY サイバーショット DSC-RX100M7(コンパクトデジタルカメラ) 160,800円程度※オープン価格 86%
CANON PowerShot G7 X Mark III(コンパクトデジタルカメラ) 90,280円程度※オープン価格 85%

デジカメは以下の3つに大別することができます。

  • デジタル一眼レフカメラ
  • ミラーレス一眼カメラ
  • コンパクトデジタルカメラ

この内需要が最も高いのがコンパクトデジタルカメラで、価格帯も10万円前後となっておりクレジットカードの現金化向きの商品と言えます。また、デジタル一眼レフカメラも基本的に換金率の高い商品ですが、プロ~アマチュアまで使用するカメラなので需要はそこまで高くありません。

そのため、デジカメでクレジットカードの現金化を行うのであれば、コンパクトデジタルカメラを選ぶといいでしょう。

【換金率~81%】BD・DVDレコーダー

BD・DVDレコーダーの換金率は~81%です。

商品名称 価格 換金率
パナソニック ディーガ DMR-2W102 38,216円程度 81%
パナソニック 4Kディーガ DMR-4SE102 48,000円程度 77%
パナソニック プレミアム4Kディーガ DMR-ZR1 298,000円程度 80%

BD・DVDレコーダーは年に1~2回新しいモデルが発売されるので、新製品を購入するようにしましょう。また、機能が充実しているシリーズは人気が高いので、換金率も高くなります。

特に、ハードディスク容量が多く自動録画機能・同時録画数が多いものが需要が高いです。保存容量は外付けハードディスクで拡張が可能であるものの、買い替え時に相関性が失われることがあるのでハードディスク容量が大きいものを選びましょう。

換金性の高い商品を現金化する際の注意点

クレジットカードの現金化を行うにあたっては、換金性の高い商品は非常に魅力的です。しかし、安易に換金性の高い商品をクレジットカードで購入すると、思わぬリスクに足を取られかねません。

そのため、換金性の高い商品をクレジットカードで購入し現金化する際には、以下の点に注意して利用するようにしましょう。

  1. クレジットカード会社は換金性の高い商品を把握している
  2. 換金性の高い商品によっては価格の変動がある
  3. 換金性の高い商品を即日現金化するのは難しい
  4. 換金性の高い商品を現金化するなら専門業者が最適

それでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

クレジットカード会社は換金性の高い商品を把握している

クレジットカード会社は換金性の高い商品を把握しています。クレジットカードの現金化には違法性はないですが、クレジットカード会社の利用規約に違反するのです。

具体的には以下の方法で換金性の高い商品の購入状況を24時間365日モニタリングしています。

  • 利用明細の分析
  • 利用履歴の異常値の検知
  • 利用者の属性情報の分析

利用明細の分析では、ギフト券やプリペイドカードなどの換金性の高い商品の購入頻度や金額をモニタリングしています。利用履歴の異常値の検知では、通常と異なる利用パターンを検知を行っています。また、利用者の属性情報の分析では、利用者の属性情報(年齢・性別・職業など)からの、換金性の高い商品の購入を疑う可能性を判断しているのです。

クレジットカードの現金化を疑われると、カードの利用停止の措置をとられることがあるので安易に換金性の高い商品を購入するのは避けるようにしましょう。

換金性の高い商品によっては価格の変動がある

換金性の高い商品によっては価格の変動があるので、クレジットカードの現金化を行う際には注意が必要です。換金性の高い商品であっても、現金化を行う際には売り時を間違えないことが重要になります。

一般論で言えば、換金性の高い商品は購入後直ぐに売る方が高値がつきますが、商品によってはその他の要因で換金率を左右することがあるのです。例えば、衣類であれば季節性によって換金率は変わりますし、チケット類であれば需要の高まる時期に売る方が換金率は高くなります。

また、商品が古ければ換金率は下がるのが一般的ですが、ブランド品であれば生産終了などで価格が高騰することもあるでしょう。換金性の高い商品を高く売るには売り時を見極めることが重要ですが、商品知識の浅い人が正確に把握するのは難しいといえるでしょう。

換金性の高い商品を即日現金化するのは難しい

換金性の高い商品を即日現金化するのは難しいと言えます。できるだけ安く購入しようと重いネットで換金性の高い商品を探せば、手元に届くまでに数日かかることでしょう。

特に、換金率の高いギフト券を現金化しようとすると、3日以上の時間が必要になってしまいます。また、換金性の高い商品を転売して現金化しようとしても、よほど需要が高くない限り現金を手にするまで時間がかかるのが一般的です。

いずれの換金率の高い商品を自分で現金化しようとしても、即日現金化するのは難しいので直ぐに現金が欲しい人には不向きな調達方法と言えます。

換金性の高い商品を現金化するなら専門業者が最適

換金性の高い商品を自分で現金化する行為はリスクを伴う行為です。そのため、換金性の高い商品を現金化するなら専門業者が最適と言えます。

なぜならば、専門業者で現金化を疑われないノウハウがあるので、自分で現金化するよりもリスクを回避できるからです。また、クレジットカードの現金化の専門業者であれば、以下のようなメリットもあります。

  • 即日で現金化が可能
  • 審査不要で現金化が可能
  • 分割払い・リボ払いが利用できる

特に即日で現金化できる点は、自分で現金化を行うよりも早く現金を手にすることが可能です。また、専門業者を利用しての現金化は審査の必要もないので、直ぐに現金が欲しい人には最適のサービスと言えます。

さらに、返済も分割払い・リボ払いが利用できるので、資金に余裕がない人でも安心して利用できる点と言えるでしょう。ただし、現金化の専門業者の中には悪質な業者もいるので、口コミや利用実績を確認し優良業者を選ぶことが重要です。

クレジットカード現金化優良店おすすめランキング~即日振込で還元率が高い大手業者を徹底比較【2023年版】

換金性の高い商品の現金化を疑われないための対策

クレジットカードの現金化がカード会社にバレると、利用停止等のペナルティーとなってしまいす。そのため、換金性の高い商品をクレジットカードで現金化する際には、カード会社に疑われないように対策を講じておく必要があるのです。

具体的な対策としては、以下の方法が挙げられます。

  1. 換金性の高い商品の連続購入は避ける
  2. 何を購入したか詳細を覚えておく
  3. キャシング枠を使い切らない
  4. 支払い期日に一括払いで返済する
  5. 信頼性の高い現金化業者を利用する

それでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

換金性の高い商品の連続購入は避ける

クレジットカードの現金化を行う際には、換金性の高い商品の連続購入は避けるようにしましょう。換金性の高い商品を連続購入・大量購入すると、カード会社に現金化を疑われやすくなり電話問い合わせの調査対象になります。

しかし、換金性の高い商品を少量かつ1回払いにしておけば、クレジットカードの現金化を疑われることはないのです。そのため、換金性の高い商品の金券類の購入を2~3枚程度に留めておけば、通常のショッピングとカード会社は判断するので調査される可能性は低いと言えます。

逆に、金券類など換金性の高い商品を連続購入・大量購入することは、カード会社の調査対象になるので避けるようにしましょう。

何を購入したか詳細を覚えておく

クレジットカードの現金化を疑われないためにも、何を購入したか詳細を覚えておきましょう。クレジットカードを限度額まで利用していたり通常の使用頻度を明らかに異なると、カード会社は現金化を疑い電話調査の対象となります。

その際、購入した商品の詳細をカード会社に問われるのですが、購入情報を誤って伝えてしまうと現金化を疑われてしまうのです。そのため、換金性の高い商品でクレジットカードの現金化を行った際には、何を購入したか詳細を覚えておき正確に答えられるようにしておきましょう。

購入した商品の詳細が記されたレシートなどは、捨てずに保管しておくことが重要です。

キャッシング枠を使い切らない

クレジットカードの現金化を疑われないためにも、キャッシング枠を使い切らないことが重要です。クレジットカードの現金化を行う人は、共通してキャッシング枠を使い切った後にショッピング枠を現金化するパターンがあります。

そのため、カード会社ではキャッシング枠を使い切った人に対して、ショッピング枠の現金化を疑い調査する傾向があるのです。ただし、キャシング枠を使い切ることが、ショッピング枠の現金化繋がると言うことではありません。あくまで、キャッシング枠利用限度額の50%以上を使用した利用者が、クレジットカード現金化を行うデータがあるので警戒しているのです。

そのため、キャシング枠の利用限度額を50%以上残している状態であれば、手数料が20%程度かかるクレジットカード現金化よりキャッシング枠を使う方が合理的であるとカード会社は判断します。換金性の高い商品をクレジットカードで購入し現金化する際には、怪しまれないようにキャッシング枠を使い切らないようにしましょう。

支払い期日に一括払いで返済する

クレジットカードの現金化を疑われないためにも、換金性の高い商品を購入したら支払い期日に一括払いで返済するようにしましょう。リボ払い・分割払いで換金性の高い商品を購入すると毎月の返済が発生するようになり、場合によってはお金の使用用途カード会社に問い合わされ現金化がバレる可能性があります。

特に、換金性の高い商品を現金化目的でクレジットカード購入した際、支払い期限までに返済が行えないとカード会社に現金化を疑われてしまうのです。しかし、換金性の高い商品を現金化目的でクレジットカードで購入しても、支払い期日に一括払いで返済すれば現金化の件はそれで終了し問い合わせの対象とはなりません。

そのため、換金性の高い商品を現金化目的でクレジットカードで購入する場合は、支払い期日に一括払いで返済できるよう計画を立てて利用するようにしましょう。

信頼性の高い現金化業者を利用する

クレジットカードで換金性の高い商品を購入し現金化する際には、信頼性の高い現金化業者を利用することも重要です。自分で換金性の高い商品を購入し現金化を行うと、カードの利用状況を疑われカード会社に現金化がバレる可能性があります。

特に、初めて換金性の高い商品をクレジットカードで購入し現金化する場合、安全に現金化を行うポイントを押さえながら実行することは困難です。しかし、現金化業者であれば安全に現金化を行うノウハウがあるので安心して依頼できます。

ただし、現金化業者であればどこでも良いわけではありません。信頼性の高い現金化業者を利用するためにも、実績や経験豊富な現金化業者を選ぶようにしましょう。

運営年数が長く口コミ実績で高評価を得ている現金化業者であれば、換金性の高い商品をクレジットカードで購入したとしても安心して現金化が行なえます。

換金性の高い商品の現金化を疑われてしまったら

換金性の高い商品をクレジットカードで購入し現金化すると、カード会社に現金化を疑われる可能性はゼロではありません。もしカード会社に現金化を疑われてしまった場合には、以下の対策を講じるようにしましょう。

  1. カード会社からの連絡には必ず対応する
  2. 商品の詳細を説明できるようにしておく
  3. 現金化目的であることは絶対に言わない
  4. カード会社に現金化を疑われた後に現金化をしない

それでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

カード会社からの連絡には必ず対応する

換金性の高い商品の現金化を疑われてしまったら、カード会社からの連絡には必ず対応するようにしましょう。クレジットカードの現金化をカード会社から疑われると、カードの一時利用停止に加えカード会社からの電話連絡が入ります。

その際、担当者から質問されるのは以下の3項目です。

  1. 自分でクレジットカードを利用し購入したか
  2. 購入した商品の品目の詳細
  3. 購入目的

予め上記の質問の回答を用意しておけば、現金化を疑われたとしても余裕をもって答えられます。また、現金化を行ったか否かの判断はカード会社では行えないので、本人の自白がなければ現金化の事実はバレません。

つまり、カード会社からの連絡に対応し質問に矛盾がなければ、クレジットカードの現金化の疑いが払拭されカードの一時利用停止も解除されます。

商品の詳細を説明できるようにしておく

換金性の高い商品の現金化を疑われないように、商品の詳細を説明できるようにしておきましょう。カード会社は加盟店に対して、購入者に何を販売したのか問い合わせることができます。

そのため、カード会社が現金化を疑った際、加盟店と購入者の主張が異なると現金化の疑惑がより強まってしまうのです。しかし逆に言えば、カード会社から連絡があった際に矛盾なく商品の詳細を説明できれば疑いを晴らすことができます。

現金化の事実はカード会社が購入者本人の自白がないと証明できなので、商品説明の詳細が自ら行えればそれ以上の追求はできないのです。

現金化目的であることは絶対に言わない

換金性の高い商品の現金化を疑われないように、商品の購入が現金化目的であることは絶対に言わないようにしましょう。カード会社は現金化を疑ったとしても、購入者本人の自白がないと現金化を証明できません。

そのため、カード会社が現金化の事実のために問い合わせをしてきたとしても、正規の購入か確認しているに過ぎないのです。しかし、換金性の高い商品の購入を現金化目的であることをカード会社に言ってしまうと、カードの利用停止・強制退会の措置をとる可能性があります。

カード会社から問い合わせがあった際の具体的な対応例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ブランド品の連続購入:自分で使用するために購入したが両親が欲しがったので同じものを購入した
  • 新幹線の回数券:家族5人で往復するために2冊12枚購入し使用したが2枚は実家に置いてきた

いずれにしても、カード会社からの問い合わせがあった際に、矛盾なく説明できればバレないので現金化目的であることを絶対に言わないにしましょう。

カード会社に現金化を疑われた後に現金化をしない

カード会社に換金性の高い商品の現金化を疑われてしまった後は、再び現金化を行わないようにしましょう。カード会社に現金化を疑われカードの利用停止・強制退会を免れたとしても、その後もカード会社は購入者をしばらくマークし続けます。

マークされた状態で再び換金性の高い商品を購入し現金化を行うと、カード会社から再び問い合わせがあった際に同じように矛盾なく説明できるとは限りません。むしろ、状況的に怪しまれる証拠が揃ってしまうと、弁解にほころびが出る可能性が高かくなってしまいます。

そのため、一度カード会社に現金化を疑われた後は、再び換金性の高い商品を購入し現金化することは避けたほうが賢明です。

換金率の高い商品を現金化する際によくある質問

換金率の高い商品を現金化する際によくある質問は以下の通りです。

  1. 換金率の高い商品の中で現金化に向いているのはなんですか?
  2. 現金化専門業者を利用するべき状況はありますか?

それでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

換金率の高い商品の中で現金化に向いているのはなんですか?

換金率の高い商品の中で現金化に向いているのは、購入しやすさと安定した換金率から Amazonギフトカードまたは切手となります。特に、Amazonギフトカードはスマホなどで手軽に購入することが可能で、プレゼントとしてもよく用いられるので元金化がバレにくい商品です。

しかし、換金率が高く購入しやすい商品のなので、カード会社も厳しくチェックしています。そのため、大量購入や連続購入は控えた方が無難です。

現金化専門業者を利用するべき状況はありますか?

換金性の高い商品をクレジットカードで購入する際、オーソリが承認されない場合は現金化専門業者を利用をおすすめします。オーソリ(Authorizationの略語)とは、加盟店が利用者の信用情報をカード会社に照会し決済の有無を確認する手続きです。

オーソリは実店舗・ECサイト双方で実行される手続きで、オーソリによってカードの実効性を確認すると決済の予約が行なえます。そのため、カードの利用状況によっては、普段より高額な商品を購入すると承認されない場合があるのです。

このような場合に現金化専門業者を利用すれば、オーソリをクリアできる商品を指定してくれるので現金化が可能になります。

換金率の高い商品を手軽に現金化したいのなら

換金率の高い商品と共に、換金性の高い商品を現金化する際の注意点などについて解説してきました。ここで紹介した商品は、安定した高い換金率があり比較的入手し易いものもあります。

ただし、自分で換金率の高い商品を現金化する行為は、購入から現金化まで自分で自分で行いカードの安全性を自分で確保しなければならないリスクが伴います。しかし、現金化専門業者であれば、利用者の購入履歴を考慮し安全な現金化プランを提示してくれるので安全です。

自分で換金率の高い商品を現金化する手続きも全て代行してくれるので、即日で現金化することもできます。そのため、換金率の高い商品を自分で現金化するリスクを回避するためにも、現金化専門業者の検討をおすすめします。

この記事を共有する
  • URLをコピーしました!
PAGE TOP
PAGE TOP
この記事の目次