MENU
PR

クレジットカード現金化ー店舗型業者とネット型業者の違いを比較

店舗型:金券ショップや質屋など
ネット型:専門業者
現金化するならどっち!?

クレジットカード現金化 店舗型 ネット型 業者の違いを比較

クレジットカード現金化したいけど・・ネット型業者を利用しても大丈夫だろうか・・金券ショップや質屋などの店舗型業者を利用した方が安全かもしれない・・と気になりますよね。

結論:ネット型でも優良業者であれば問題なし◎

結論からお伝えすると、ネット型でも優良業者であれば安全性は問題ありません。

さらに言うと、手間や時間をかけずに、即日現金化したいなら、ネット型業者を利用する方法がおすすめです。

店舗型業者
自分で現金化する方法
ネット型業者
現金化する方法
種類 ・金券ショップ
・質屋
・家電買取業者
…など
・専門業者
業者例 大黒屋
買取大吉
…など
トップクレカ
ユーウォレット
…など
流れ ・クレジットカードのショッピング枠で高く売れる商品を購入
・購入した商品を店舗型業者に持ち込んで売却
・現金Get♪
・ネット型業者の公式サイトからWeb申込み
・業者スタッフと電話やメールでやり取り
・業者が指定した商品をクレジットカードで購入
・業者が即商品を買取り(ここで売却)
・売却した商品代が銀行口座に振り込まれる
・現金Get♪
特徴

・自分で商品を選ぶ必要がある
・自分で商品を購入する必要がある
・自分で商品を売りに行く必要がある

➡即日現金化は難しい△

・商品不要
・Web完結、来店不要

➡即日現金化できる◎

備考 商品を用意したり、店舗に足を運んだり、自分でやることが多いので、自分で現金化する方法とも呼ばれている。 一般的に、クレジットカード現金化と言えばこちら。現在主流の方法。ネット型業者おすすめ3社を見る

でもネット型業者を利用する方法はなあ・・と、不安を感じる方もいらっしゃると思いますので、それぞれの長所と短所を理解した上で、どちらで現金化するかを決めるといいでしょう。

おすすめネット型業者
運営歴15年の老舗ーTOPクレカ

TOPクレカ

ネット型業者を利用する際は、信頼や実績がある業者を選びましょう。

TOPクレカ」は創業15年以上の老舗業者です。特徴は豊富なキャンペーンで、現在は新規ご成約で最大3万円キャッシュバック中です◎

安心かつお得にクレカ現金化したい人は、ぜひ「TOPクレカ」をご利用ください。

\ 現金最大3万円プレゼント中 /

TOPクレカ
無料お見積りはこちら

店舗型業者を利用して自分でクレジットカード現金化する方法

▼質屋のイメージ

質屋のイメージ画像

▼金券ショップのイメージ

金券ショップのイメージ画像

先述しましたが、クレジットカード現金化の店舗型業者とは「金券ショプや質屋など繁華街に店舗を構えている業者」を指します。ネット型業者が普及する昨今、根強く営業を続けられるのは店舗型業者にしかないメリットがあるからです。

この段落では、店舗型業者でクレジットカード現金化する流れやメリデメを解説します。

順番にご確認ください。

店舗型業者を利用してクレジットカード現金化する流れ

店舗型業者で現金化する流れは下記の通りです。

ステップ1

換金性が高い商品を購入する

まずは、クレジットカードのショッピング枠で、換金性が高い商品を購入します。

ステップ2

店舗型業者に来店

次に、最寄りの店舗型業者に来店します。お住まいの地域の近隣にないか確認しておきましょう。

ステップ3

購入した商品を売却

最後に、商品を店舗型業者に買い取ってもらい、現金化完了です。

参考記事自分でクレジットカード現金化する方法ー業者を使わない流れや注意点

店舗型業者ーメリット◎

①対面で直接説明が受けられる

ネット型業者だと、顔が見えない電話やメールでのやり取りになってしまいますが、店舗型業者だと、対面して直接説明を受けることが出来ます。

初めてのクレジットカード現金化で不安・・できれば顔を見てやり取りしたい・・という人は、店舗型業者がおすすめです。

②銀行口座を持っていなくても現金化ができる

店舗型業者で現金化する場合は、銀行口座を用意する必要はありません。

そのため、何らかの事情があって、銀行口座を使用できなくても、資金調達ができるのです。

直接手渡しで現金を手にすることができるので、安心して現金化することができます。

③ネット環境がなくても現金化できる

店舗型業者だとネット環境がなくても現金化を実行することができます。

フィーチャーフォンしか持っていない人や、ネットの利用が不慣れな人でも、確実にクレジットカード現金化ができるのです。

ネット環境がなくても現金化できる点は、ネット型業者にない強みと言えるでしょう。

④悪徳業者の被害に遭わない

店舗型業者でクレジットカードを現金化する場合、悪徳業者の被害に遭わずに資金調達できる可能性が高いです。

店舗型業者で詐欺まがいの営業をしていると、評判が悪くなり経営が立ち行かなくなってしまいますので、ネット型よりも店舗型の方が悪質業者は少ないと言えるでしょう。

より安全にクレジットカード現金化したいのであれば、店舗型業者を利用するのも一つの選択肢と言えます。

⑤商品次第では換金率100%以上を達成できる

店舗型業者で現金化する場合、商品次第では換金率100%以上を達成することができます。

高級時計やブランド品などの場合、時期によっては”プレミア価格”になる商品もあります。

商品名 販売価格 換金率
ロレックス デイトナ 116500LN 1,757,800円 261.4%
デイトナ 116520 1,242,000円 247.2%
GMTマスターⅡ 126710BLRO 1,426,700円 225.2%
デイトナ 116508 4,602,400円 223.1%
デイトナ 116506 8,013,500円 170.0%
エルメス バーキン25(トゴ) 1,474,000円 183%
バーキン25(トリヨン) 1,210,000円 206%
バーキン25(ヴォースイフト) 1,210,000円 198%
バーキン25(リザード) 1,820,000円 141%
ケリー25(トゴ) 1,168,000円 164%

しかし、プレミア価格になる商品はそもそも高額で、入手困難な場合がほとんどですので、迅速にクレジットカードで現金化したい場合には、やや不向きな商品と言えるでしょう。

店舗型業者ーデメリット△

メリットがある一方で、デメリットも存在しています。

店舗型業者でクレジットカードを現金化するデメリットは下記の通りです。

  1. 基本的には低換金率
  2. 売却する商品を用意する必要がある
  3. 手間や時間がかかる、即日換金できない可能性が高い
  4. 適切な方法で実行しないとクレジットカードが利用停止になる可能性がある

それでは、順番に見ていきましょう。

①基本的には低換金率

店舗型業者はネット型業者より、換金率が低くなってしまう可能性が高いです。

店舗型業者は店舗を構えるにあたって、相当なテナント料を負担しなければなりませんが(自社保有の不動産であれば、固定資産税や維持費を負担)、ネット型業者にはそれがありません。

店舗型業者は、このような経費を鑑みて換金率を決めるので、どうしても換金率は低くなりがちです。

上記の理由から、店舗型業者はネット型業者よりも換金率が低くなってしまうことを理解しておきましょう。

②売却する商品を用意する必要がある

店舗型業者でクレジットカード現金化する際は、売却する商品を自分で用意する必要があります。

損をしないような売買を目指すのであれば、高く売れる商品のリサーチや知識が必要になりますので、手間や時間がかかってしまいますし、換金性が高い商品を購入できたとしても、買い手がつかない場合もあります。

以上のことを考えると、商品知識がない初心者にはハードルが高いと言えるでしょう。

③手間や時間がかかる、即日換金できない可能性が高い

店舗型業者でクレジットカード現金化する際は、上記した通り、売却する商品を自分で用意する必要があります。

インターネットで商品を購入した場合、到着まで早くても2~3日程度かかってしまい、そうなると即日現金化することができません。

すぐ商品を用意できたとしても、店舗型業者まで移動する手間や交通費が発生してしまいます。

以上のことを考えると、即日現金化したい方にとっては、店舗型業者の利用はやや不向きな方法と言えるでしょう。

④適切な方法で実行しないとクレジットカードが利用停止になる可能性がある

クレジットカード会社は現金化に使用される商品を把握して監視しているので、換金性が高い商品を大量に購入すると、現金化目的の購入ではないか?と怪しまれてしまいます。

換金性が高い商品を大量に連続で購入しないなど、カード会社にバレない方法で現金化しないと、クレジットカードが利用停止になってしまうので注意が必要です。

参考記事クレジットカード現金化はなぜバレる?バレる原因とバレずに現金化する方法を解説

ネット型業者を利用してクレジットカード現金化する方法

▼ネット型業者のイメージ①

TOPクレカ イメージ

▼ネット型業者のイメージ②

いいねクレジット イメージ

クレジットカード現金化のネット型業者には、買取方式とキャッシュバック方式の2種類がありますが、いずれも来店不要のオンライン完結なので、即日現金化が可能です。

この段落では、ネット型業者でクレジットカード現金化する流れやメリデメを解説します。

店舗型業者とどっちがいいか?意識してご確認ください。それぞれ順番に見ていきましょう。

ネット型業者を利用してクレジットカード現金化する流れ

業者を利用したクレジットカード現金化の流れ

ネット型業者で現金化する流れは下記の通りです。

ステップ1

Web申込み

ネット型業者の公式サイトにアクセスしてWeb申込みを行います。

フォームに氏名や電話番号などの情報を入力して送信します。

ステップ2

本人確認

次に、本人確認を行います。

ネット型業者から折り返し連絡があるので、下記を準備しておきましょう。

  • 身分証
  • 顔写真
  • クレジットカード
  • 銀行口座
  • 電話番号、メールアドレス

ネット型業者のスタッフとやり取りを行い、免許証などの身分証明書をスマホで撮影した画像をメールで送付します。

参考記事クレジットカード現金化の本人確認とはー必要書類を解説
ステップ3

商品を購入

ネット型業者のスタッフから指定された商品をクレジットカードで購入します。

参考記事クレジットカード現金化の業者で購入する商品とは?
ステップ4

指定した銀行口座に振込み

購入した商品をネット型業者が買取り、その代金として、指定した銀行口座へ現金が振り込まれます。

参考記事ネット型業者でクレジットカード現金化する方法ー流れと注意点を解説

ネット型業者ーメリット◎

ネット型業者でクレジットカードを現金化するメリットは下記の通りです。

  1. 基本的には高換金率
  2. 売却する商品を用意する必要がない
  3. 手間や時間がかからない、即日換金できる
  4. 来店不要
  5. カード事故のリスクが低い

それでは、それぞれについて解説していきます。

基本的には高換金率

ネット型業者は、店舗型業者のように必要経費として計上するテナント料や光熱費などが必要ありません。

(換金率にそれら経費を転嫁する必要がないため)基本的には、店舗型業者よりも換金率を高く設定できます。

事実、店舗型業者の換金率相場が~80%程度なのに対し、ネット型業者の換金率相場は~90%と、約10%お得に現金化することが出来ます◎

換金率を重視するなら、断然ネット型業者の方がお得であると言えるでしょう。

売却する商品を用意する必要がない

店舗型業者で現金化する場合は、売却する商品を用意する必要がありますが、ネット型業者で現金化する場合は、そ売却する商品を用意する必要はありません。(商品はネット型業者が指定してくれる)

換金率の高い商品を探す必要がないのでリサーチや知識が不要です。事前知識が一切なく、高換金率で現金化できることも、ネットが業者の魅力のひとつです。

手間や時間がかからない、即日換金できる

店舗型業者で現金化する場合は、どうしても商品を探す手間と時間がかかってしまいます。

しかし、ネット型業者で現金化する場合は、商品を探す手間と時間がかからないので、即日現金化が可能です。

ネット型業者はWEB申込みなので、24時間365日いつでも利用可能です。

ネット環境さえあれば時間や場所を問わず、クレジットカード現金化の申込みができて、最短5分で資金調達することができます。

加えて、24時間振込が可能なモアタイムシステムに対応している金融機関の口座であれば、土日祝日でもクレジットカード現金化が可能です◎

来店不要、地方在住の方でも気軽に利用できる

店舗型業者は主に都市部で店舗営業しているので、地方在住の方が利用することは難しいですが、ネット型業者はオンライン営業なので、地方在住の方でも気軽に利用することが出来ます◎加えて、ネット型業者は来店不要なので、交通費も必要ありません。

カード事故のリスクが低い

ネット型業者では、現金化がバレにくい商品を厳選するなど、カード事故対策が予め講じられています。

「カード事故歴0件」のネット型業者は多数ありますので、低リスクで現金化したい方は、積極的に利用しましょう。

記事冒頭部分の表内で掲載した「ユーウォレット」などは、機関連携によりカード会社承認の現金化サービスを提供していますので、信用トラブルが起こりません。

ユーウォレット 信用トラブルが起こりません

カード事故が不安な方は「ユーウォレット」など、信頼できる業者を利用するといいでしょう。

ネット型業者ーデメリット△

ネット型業者でクレジットカードを現金化するデメリットは、悪徳業者の被害に遭う可能性があることです。

先述しましたが、オンラインビジネスの性質上、店舗型業者よりネット型業者の方が悪徳業者が多いと言えます。

悪徳業者を利用してしまうと、カード決済後に連絡が取れなくなり、現金を騙し取られるなどのトラブルに巻き込まれてしまう可能性がでてきます。(個人情報を不正に利用される等、二次被害のリスクも懸念されます。)

ですので、ネット型業者を利用する際は、長期運営で信頼や実績がある老舗業者を選ぶなど、優良業者を選ぶ必要があります。

換金率や振込スピードだけはでなく、会社概要を確認して、所在地や代表者名や電話番号などが、しっかり記載されているかを確認しましょう。

クレジットカード現金化するならどっちが得かー店舗型業者とネット型業者の違いを比較

店舗型業者とネット型業者の違いを下記表にまとめました

店舗型業者 ネット型業者
換金率
~80%

~90%
振込スピード
1日~7日程度

即日現金化可能
最短5分
カード事故率
適切な方法でないと高い

低い
店舗への来店
必要

不要
商品の用意
必要

不要
悪徳業者の有無
ほぼ無し

精査の必要あり

こんな人は店舗型業者でもいいかも!?

対面で説明を受けながら現金化したい人や、高換金率の商品を把握している人などは、店舗型業者を利用してもいいでしょう。

ただし、即日現金化が難しいことや、手間や時間がかかってしまうことは、理解しておきましょう。

基本的にはネット型業者がおすすめ◎

基本的には、ネット型業者の優良店を利用する方法がおすすめです。手間や時間をかけずに即日現金化できますし、換金率も高いです。

即日現金化できるネット型業者は便利ですが、先述した通り中には悪徳業者が紛れている場合もありますので、利用する場合は必ず優良業者を利用しましょう。

優良業者は次段落で紹介しています。興味がある方は是非ご参考ください。

ネット型業者でクレジットカード現金化するならこちら!
おすすめ3社をご紹介

クレジットカード現金化 ネット型業者 おすすめ

おすすめネット型業者を3社ご紹介します。

どれも「運営歴10年以上」「審査なし」「来店不要」「相談無料」「即日振込可」の優良業者です。

それぞれのおすすめポイントをまとめましたので、順番にご確認ください。

TOPクレカ
現金最大3万円プレゼントキャンペーン中

TOPクレカ

TOPクレカ」は運営歴15年以上の信頼性が高い老舗業者です。

初回利用で現金最大3万円プレゼントに加えて、還元率2%UPキャンペーンなども実施中です。

スマホから24時間いつでも無料でWeb申込みできるので、利便性も高いです。

キャンペーンを利用してお得にクレカ現金化したい方は、ぜひ「TOPクレカ」をご利用ください。

\ 現金最大3万円プレゼント中 /

TOPクレカ
無料お見積りはこちら
GENKINKA ITORI
即日即金!換金率99.5%

クレジットカード現金化業者「GENKINKA ITORI」のイメージ画像

GENKINKA ITORI」も運営歴15年以上の老舗業者です。

最大換金率が99.5%で業界トップクラス!

新規利用者へのサポート体制も充実しているので初めての現金化でも安心です。

こちらもスマホから24時間いつでも無料でWeb申込みOKです。

できるだけ高換金率でクレカ現金化したい人は、ぜひ「GENKINKA ITORI」をご利用ください。

\ 即日即金!換金率99.5% /

GENKINKA ITORI
無料お見積りはこちら
ユーウォレット
換金率最低90%保証!カード利用停止トラブルなし

クレジットカード現金化業者「ユーウォレット」のイメージ画像

ユーウォレット」も創業2011年で運営例10年以上の老舗業者です。

換金率保証があるので大幅に換金率を下げられる心配はありません。

期間提携による安全な与信手続きで、カード事故歴は過去0件と、利用停止トラブルの心配もありません。

信頼できる業者で、安心してクレカ現金化したい人は、ぜひ「ユーウォレット」をご利用ください。

\ 換金率最低90%保証 /

ユーウォレット
無料お見積りはこちら
参考記事クレジットカード現金化優良店おすすめランキングー大手業者を徹底比較
参考記事クレジットカード現金化老舗業者おすすめランキングー創業10年以上でカード事故歴ゼロ◎
関連記事ーネット型業者編
関連記事ー店舗型業者編

自分でできるクレジットカード現金化の裏ワザー換金率100%で現金を調達する方法を解説

この記事を共有する
  • URLをコピーしました!
PAGE TOP
PAGE TOP
この記事の目次